FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ウルトラマン体操みんなやってる?
ウルトラマン体操の動画が次々upされてます。
各キャラごとに微妙にポーズが違うんだけど光線ポーズのときに頭をかしげるのは
ナイスのベリーナイス光線を思い出すのはたっ君だけじゃないはずだ。
これ中の人ゼナ先輩かな。だったらかわいいというかおもしろい。






で,タイタスさんver

やっぱタイタスさんはタイタスさんだった



15684345260.jpeg


ウルトラマンの体操体操と言えばレオとアストラのレオ体操。
…だけどこのウルトラマン体操もレオの回あるといいな。

と思ったらジードと一緒にやってるのがあったわ。

テーマ:ウルトラマンシリーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ


今日の生放送配信はたっ君の知らない頃のウルフェスだった
たっ君の今日の餌はミックスグリル弁当
15968892270.jpeg

といつもの店内調理のハンバーグエビフライ弁当
15968892410.jpeg

どっちかとゆうと店内調理のハンバーグエビフライ弁当のほうがうまかった。
できたてぽいし手作り味のおかずだから。
配信生放送ウルフェス見ながらたべた。



先週の配信のライブステージは去年のだからすでにたっ君が見たやつだったけど
今日の配信は2000年のライブステージの時のだったからメビウス出戻り組のたっ君はウルフェスの存在も知らないしまだ見てないやつだ。
知らない話だからハラハラするのは分かるけど座って食べようね、たっ君。



ウルトラマンの声も御本人使ってないしエフェクトもめちゃしょぼいけどアクションはなかなか。
歩きながら止まらずに肩に乗って飛び越えるアクションは見たことないからすげーなと感動した。

ただ、進行役のお姉さんの台詞が多くてギャーギャーしつこいな。静かにアクション見せてくれと思ったたっ君。
あと、ストーリー上イーヴィルティガがすごい悪いやつみたいな扱いだったけどそれで説教たれていたティガ、お前さんだって一時期ティガダークとか名乗ってグレてた時代があることをティガ世代のたっ君が知らないとでも思ったか?女まで作って。俺が何も知らないとでも?あ゛ぁ゛?
ひとさまに説教たれるのは2万年早ぇわ!

15968905260.jpeg



でもでもエンディングはティガのed使っててメビウス出戻り組とはいえティガ世代のたっ君は懐かしくてうわーって感動した。
悲しいかな泣いても笑ってもたっ君はティガ世代。



テーマ:ウルトラマンシリーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ


森次さんが一生モロボシダンでいつづけるように青柳さんは一生ジャグラーでいてほしい
そうそうジャグラー役の青柳さんのインタビューが出てるよ。
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202008020000746.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp
青柳さんは実はウルトラマンのオーディションを受けに行ってなぜか主役にはなれなかったけど
ライバル役のジャグラーになった。
でも実はここから青柳さんの出世街道がスタートした。
ジャグラーが思った以上に放送当時から人気が出てしまいへたすりゃ主役のオーブより人気が出てしまった。
そのせいでオーブだけでなくジードの映画にも出てきてしまうどころか
ジードにガンガンからみまくるキャラとして出てきて
今ではなんやかんやでオーブの数百倍は目立ってしまった。


ついにとうとうzにもジャグラーとして再登場した。

実はこういうことはままあってkofでも主人公の草薙京より敵役の八神庵の人気がえらい事になった時期があったし
あの時代は僕も八神庵にはまりまくった!

それでもこの青柳さんとジャグラーの一体感はほんとうにすごい。

ここまで当たり役もなかなかないと言うか青柳さんはジャグラーになるのが運命だったと言うか
もうジャグラーそのものなんだよ。

森次さんが一生モロボシダンでいるように青柳さんもきっと一生ジャグラーなのだ。



20200717.jpg


本編でお待たせしました!闇の力お借りします!と出てきたときは
本当に『おまたせられましたー!』と思ったよ。


snsで僕が本当に青柳さんの事をジャグラーと思って話しかけたらジャグラーとして返事してくれたし
闇の表情についての演技指導までしてくれたのが嬉しかったな。
これからも青柳さんにはずーっとずーっとジャグラーでいてほしい!

テーマ:ウルトラマンシリーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ


リクをまねして僕ももりもりたべるぞ!
だいぶ体の調子も戻ってきました。


運動しない食べるのも少ないというのは実は体を使わないで放置して錆させているのです!

大食いキャラといえばウルトラマンジードである朝倉リクです。
この人は本編時代でも毎週なんらかのおやつやごはんをモリモリ食べていました。
リク役の俳優さんがまた演技がすごいというか本当になんでも
おいしそうにモリモリ食べる人で一時期たっ君の食べない病がよくなったこともありました。
ジードの放送時間にリクと一緒に食べればいいわけです。
だからたっ君は土曜日の9時には起きてパスタなりラーメンなりの食事をちゃんと取っていました。
でもジードが終わってルーブになってしまうとたっ君はまた食べなくなりました。
それからタイガを経て今はzで再びリクが地球に帰ってきました。
で,今週いきなり登場まもなく山積みのカップ麺をすすりはじめ
15963569150.jpeg

「怪獣みたいだね」
と言われてました。はるきも
「おす!俺も!」
と言ってたけどあきらかにリクの食う量にドン引きしてた。
リクは
「すいません何日も食べてなくて」
と恐縮してましたが何日も食べてないとかでなくても最初からリクはそうだったよ!
ジャグラーだけはリクのそういう面を知っているので驚かず好きに食わせてた。

こういうきもちよくたのしそうにていねいに食べる大食いキャラが子供むけ番組に出てくるのは
たっ君のように偏食&ほっとくとあまり食べない子に対してまねして食べさせるいいきっかけになるんだよね。
同じアニメや特撮キャラで大食いでも食べ方が汚かったりガサツだったり意地汚いと
たっ君の場合うんざりしていよいよ食べなくなる。
僕が忍たまでしんべヱのことは嫌いじゃないけど意地汚すぎるといらっとくるときがあるから。

大食いだけど楽しそうで丁寧においしそうにってところが大事でそこはキャラ設定だったり
役者さんの演技にかかってる。
わあリクおいしそうに食べてるなあ僕も食べようっと!
っていう気持ちがすごく大事で。

なんやかんやでニュージェネのテレビシリーズのウルトラマンで主役になった人間態はリクが1番心を
共感しやすいからというのもあるだろうけど(リクはメビウスのミライ以降の本人がウルトラマンそのものであり,
憑依型ではないと言う設定)やっぱりリク大好きだ。

ただリクは役者さんが初演のとき16歳だったのでこれから骨格や顔がすごいスピードでどんどん大人になって
少年ぽくなくなるかもしれないし実際2年ぶりくらいにリクとしてクロニクルに出てきたときは顔の骨格が変わってて
丸かったほっぺたがすっきりしてて
すごいびっくりしたけどもう今は慣れた。大丈夫。今月末でもうすぐ20歳になるらしい。
でもそれより今年の3期後輩のはるき役の人より年下なんだよね。

若い役者さんと言う意味では現役高校生のじゅーる役の人も顔が変化するのかなあ…

リクにしてもじゅーるにしても年齢低い設定の主人公の方がたっ君は共感しやすいよね。
逆に30くらいに見えるガイさんだとなんかクールすぎると言うか言葉遣いも固いし
何考えてるのか見えない時がある。24歳の時雨さんや47歳のタカミチさんの事はちょっと理解できない言動が多いのと同じで。

テーマ:ウルトラマンシリーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ


オンラインウルフェスを見て悔しい気持ちになる
昨日からオンラインウルフェスが始まった。
つべで毎週土曜日過去のライブショーを放送するのとゲストのオンライントークだ。
会場はここだ。
https://www.youtube.com/watch?v=jGfgElyoNHU

たっ君はオンライントークとかトーク番組が好きではない,というかついていけなかったり退屈してしまう。
のでひたすらライブショーを待つ。
見れば見るほど僕は悲しくなった。
本来なら新しいお話を見るためにたっ君は現地のパイプいすに座っているはずだった。
こうして動画や映像作品として見ると戦闘エフェクトもその他演出もテレビや映画に比べてしょぼい。
でもやっぱり現地で見て音をきいて
なによりも要所要所で司会の人の「さぁ!ここです!」といわんばかりの
合図で『がんばれ!』『ウルトラマン!』とコールする参加するドラマと自分の一体感。
目の前をヒーローや怪獣が通る現実感。
だからたっ君はウルフェスやめられないのだ。
15963285150.jpeg

ちくしょう!ちくしょう!コロナめ
コロナもむかつくけどこの女々しい社会にももうかんべんならん。
もともとインドアで
目と耳だけで楽しめる趣味や出掛けるのが好きじゃないやつや楽しみはスマホだけで事足りるやつはいい。
そいつらのなかで今こそ自分達が正しかったとどやっててこれが正しいと社会や政府が言っているからと
何かとケチをつけたり自粛警察になったりして
そうじゃない人達の楽しみや生活を奪おうとするのが許せない。
政府も悪いけどそれに都合よく虎の威を借りたような態度を取ったり
逆に政府をそういうふうにもつていこうとしているやつらが許せない。
そいつの悪意の有無は関係なく嫌だと言ってるのだ。

たっ君は
たくさん動いて体験して触ったり食べたりして疲れたら寝て
また動いて元気いっぱいに生きたいんだ。

俺から全ての楽しみを奪いやがって

許せねえーッ!(プラチナム登場)


テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ