FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



600円で安心を買う
新しいスマホにはイヤホンの穴がないので(これが1番不便だ)
クレジットカードのリーダーが使えなくなったのでカードリーダーの会社のスクエアと何度か
メールをやり取りして新しいタイプのを買い替えることになった。

ちなみにamazonで同じカードリーダーが600円くらい安く売ってて
カードリーダーの会社にメールしてamazonで買っても使い方の練習のサポートはしてもらえるか聞いたところ
できると答えてくれたけどもし故障した場合の返品交換はうちではできないと
言われたので
600円はそういうときのためのサポート代だと思ってカードリーダーの会社から
買うことにした。
届いたらすぐに電話をして使い方の練習に付き合ってもらう。
前も電話で使い方の練習をしてもらったし。
600円はその分の手数料だと思ってる。

たっ君はそういうのにお金を出す。
それはなにかあったときのための保険代だと思ってる。
たっ君はタッチパネルやチャット形式が苦手なのでPCメールや固定電話によるやりとりが
楽なのだ。
そもそもただでさえスマホ嫌いだしな。
たっ君にとってPCはスマホよりずっとずっと信頼性が高いのだ。

旅行でちょっと無理してでも高い伝統のあるホテルを利用したりレガシーキャリア=フラッグキャリアを使うのは
そういうこと。
安全や安心をお金で買ってる。
薬もなるべくジェネリックはやめろと親から言われてる。ただたっ君のお医者さんで
ジェネリックが好きな先生もいるからしかたがないときもある。

車もトヨタ。
スマホはドコモ。
pcは富士通。
服は昔からあるブランドばっかり。とくにbabyのクラシカルシリーズのレガシー感は最高だ。

たっ君がお金がどうというより不安が強いからやっぱりレガシーの物を好むんだと思う。
使いなれたということや安心や安全のためにだ。
babyのカットソーは本当に着心地が良く伸びやかだ。他のメーカーのシャツやブラウスが
着られなくなるレベルだ。
そのかわり靴下のつま先部分の締め付けが強くてはきごこちが悪く
靴下はmetamorphoseの無地のラッセルレースの付いた黒いソックスばかりはく。
本来ならオーバーニーなのだが大柄で身長に対して胴が短く足の長いたっ君だと
ちょうどいいハイソックスになるのだ。素材も締め付けが弱く靴下嫌いのたっ君でもはけるし
とても長持ちする。


ジャンパースカートやワンピースはprettyだが
基本的にシャツはbaby
靴下はmetamorphoseなのである。

おもちゃだって色んなヘンテコなメーカーの着せ替え人形も持ってるけど飾ってるぶんには可愛いけど
手に持って遊んだりするにはちょっといろいろ問題点が多すぎるしやっぱりバービーが1番
しっくりなじむ。
16068783500.jpeg


やはりレガシーメーカーの物は質がいい。

たっ君の会社もそんな存在なのだ。
いつ行ってもたっ君がいるし質問には答えられるし商品を手に取れるから存在する価値が
あると思っている。
なんかあった時のサポートも可能だ。
とりあつかっている工場や商品もレガシーで信頼のおける会社としかたっ君は取引しない。


たっ君は意識高い海の物か山の物かも分かんないし変なやつじゃないし相手に対しても
それは求めるよ!と言う意味だ。



スポンサーサイト




テーマ:社長のブログ - ジャンル:ビジネス


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック