fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



病気の子
どうすればたっ君の病気がよくなるかについて。
まぁ正直サプリメントやアレを食べればよくなると言うレベルではないんですよね。
かといって死ぬ病気ではないし。
恒例の12月病にしても死ぬわけではないからやっかいなんです。
でも本人はつらいから保健室で寝てるわけで
たっ君ちは休ませてもらえない方針の家だったので学校に行くしかないから
そうなるわけで
今日は保健室でねてましたなんて言えなかったです。
子供が病気になったり具合悪いと子供本人に怒る親っていますけど
あれってなんなんですかね。
そんなんだからたっ君は休めなくて具合悪いですともいえなくて我慢して我慢して
ずっと動いてもともと
肥満だったのがあきらかに病気レベルでとんでもない肥満になって
でもたっ君は当時すでにゴスロリで普段からいくらでも伸びるシャーリングのワンピースばかり
着てるので自分が異常なレベルで膨らんでいる事に気づかないというまぬけっぷりで
結局これは異常な太り方だと連れていかれた病院で医者が親に言いました。
「この子あんたが買い被るほど元は丈夫じゃないよ。いままで体力以上の事をさせて
ただけ。だからこうなっちゃったの」
通じたかどうかは分かりません。
たっ君はどのお医者さんも嫌いですがそれだけは言ってくれてありがたかったと思います。
あと
「普通の人はこうなる前に内臓に負担が出て何かの病気になるんだけど
この子は異常にテストステロン(男性ホルモン)の数値が高くてそれが悪さをしていくらでも体を大きくできるんだわ」
ちなみにテストステロンと言うのは薬指の長さが指標になるそうですが
たっ君も人差し指に比べて薬指が異常に長く,ほぼ中指と同じくらいあります。

その医者は「甘いものは食べないみたいだからいいけどポテチなんかもあんまり与えないで」とだけ指導して
それからしばらくたっ君は何年か膨らみ続けたのですが
とうとう貧血でぶっ倒れて一気にしぼんで大きい病院に運び込まれたときには
貧血の数値がえらい事になっていました。
そのときにもえらそうな女医が
「なんでこんなになるまで働き続けたの」
と怒ったし親は『たっ君が太っていたから貧血が悪化した』と思ってきくと医者は呆れて
「それは関係ない。ストレス! なんでこんなになるまで働かせたの!この子あなた達が思ってるほど
丈夫じゃないよ」
って同じこと言ってました。
おまけに検査を進めていくうちにMRIの技師さんからも喘息のアレルギー反応を指摘された上に
「ふらつきがひどくて歩けないみたいです」
とかつがれるようにして出てくるしまつ。

まぁそんなわけで1番はたっ君がストレスフリーで生きる事です。
そのためには皮肉なことにやっぱりお客さんや仕事の関係者以外の人間には
近寄らない話をしないなんですね。
結局けげんな顔をされたり避けられたりいじめられるのが分かっているわけですから。
それがストレスになって体を壊す事もあります。
snsでも同様です。
たっ君はブログの宣伝をしたりときどき特撮の名セリフや必殺技
を叫ぶ以外はほとんどtwitterの発言もしなくなりました。
後はなかのいい人と意見交換をしたり励まし合ったりはしますが。
それ以外はもう人間と近寄らないようにするしかないです。
16061086290.jpeg
スポンサーサイト




テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック