FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



開き直れ。(やはり飛田展男の声で)
メッセージ,拍手ありがとうございます。
僕は自分でも構ってちゃんみたいな所があるのでそれを指摘されるのが嫌だから今までずっと黙っていたんです。
自分が受けた傷は歯を食いしばって我慢すると言うことですね。
たとえるならば負傷兵がどこかに隠れていて痛くて苦しいのに声をあげたりしたら敵兵に見つかってしまう,そんな感覚です。傷口を自分で縛って見つからないように隠れている感じです。
現実の生活で言うならば絶対顔には出さないいつも曖昧な愛想笑いを浮かべ,明るく接する。
泣き言は言わない,助けてとは言わない。
僕は今までそうやって戦ってきました。
糞みたいなプライドとゴミみたいな腐った根性だけを抱えて生きてきた。
それでも戦っていればどこか明るい場所に出られるだろうと。
しかし負傷兵が一人敵に囲まれたところで太刀打ちができません。敵に見つかれば射殺されるか捕虜になる屈辱を味わうのです。
なんでもない我々の平和だと思っていた日本も,戦場のジャングルと何ら変わらないのです。
ボロイ銃を一丁だけ持って敵から隠れるのと同じです。
負傷した体で敵前に打って出ようかそれとも息を殺して逃げ続けようか。
ばたばたと倒れていく死体の山を乗り越えて極限状態で周りを見回した時,僕は打って出る方にかけました。
それはこのブログで僕のような境遇の男たち(女もいるかな?)がジャングルを逃げ回りながら必死に生き延びようとしている現実を叫ぶこと。
怠け者,大馬鹿者,ロマンチスト,甘ったれ,クズ,なんと呼んでくれても構わない。
ただ窮鼠猫をかむの言葉通り,一瞬でも僕はこの戦場で残存した武器を手に迎撃をこころみたい。
退路を断たれた兵隊は最後の力を振り絞って玉砕覚悟で立ち向かうつもりです。

諸君,僕と同じ境遇にある日本中世界中の諸君。
大学を卒業したが,仕事が見つからず仕方なくアルバイトや底辺の仕事しかない諸君。
障害や精神疾患が軽すぎて手帳が貰えず理解を得られずに仕事が円滑にできない諸君。
飲食業界やIT業界で奴隷のようにこき使われている諸君。
派遣の為にいつ家を失うかわからない諸君。
生活保護を申請したのに追い返されたホームレス寸前の諸君。
そして僕のように発達障害を抱えながら自営業しかできなくて資金繰りに苦しんでいる諸君。
武器を取れ。
開き直れ。
敵に噛みつけ。
全ては生き延びる為,他の周りの人間と同じように幸福を追求する為。
細かい事は気にするな。何を言われようが自分は何もかも自分の責任だと思うのはやめろ。敵は他にいる。
狡猾な敵は自己責任という言葉を用いてたくみに責任をすりぬけ,我々を痛めつけるだろう。
連中の言葉に騙されてはいないか。
自分を正当化する自信と,開き直る態度の高慢さを持て。
往くぞ 諸君


>>みみさん
人間,生きてこそ,です。僕はKamiがなくなってから,10年必死に生きてきました。1999ねんのあのひ,僕は自分はふと何年生きるかわからない。できることならいつ死んだって構わない。今だってそうです。身内の介護を繰り返し,別れをたくさん経験しています。そのたびに僕は強くなるどころか心が折れそうになって来ました。それでも僕は腹を切る覚悟が決められなかった臆病ものです。のうのうと生き延びています。ときには怒り,苦しみ,自殺未遂を繰り返し,あらゆる現実におびえ,逃避し,ときには向きあい生きています。よく『神様は乗り越えられない試練はその人には与えない』という言葉がありますが,この言葉は嫌です。実際に与えられた試練を乗り越えられなくて戦死した善男善女がたくさんいるからです。それは国内の年間30000人の自殺者がその証拠です。みな試練にぶつかり壁にぶつかり戦死したのです。僕は彼らを決して批判しない。よく試練とぶつかって向き合って善戦した,御苦労さまと言いたい。みみさんも俺もそんな彼らの屍の山をこえて少ない弾薬食料を背嚢に背負って行軍しているのです。いつ倒れるかわからないしかしいまだ腹を切る勇気もない我々はあるときは壁にぶつかりあるときは壁を回避しながら生きながらえるのです。極限状態の中にも生きる道を目指し,その向こう側の光ある世界を最後まであきらめないのです。
男には,いや女だってなりふりかまわず死中に活を求めて闘わなければいけない一瞬があるのです。



>>ななさん
こちらこそはじめまして。貴方の声援感謝します。
僕がフォトドラマを作るにあたって決めていることがあります。大切なスタンスです。
それは決して悲しいお話やお涙ちょうだい,根性や苦労話は作らないことです。
いつも陽気で誰も悲しまず,苦労もせず,永遠に幸せに暮らし続ける日々。
元サッカー日本代表で,日々パンクを愛し,自由に生き,強引だがけんかもけたはずれで強いSD幸ちゃん。
読み書きや日常生活に少し不安はあるが,才能だけで生きてきた世界レベルのトップダンサーのSD王子。
実家は大金持ち,美人で頭がよく元ミスユニバースルーマニア代表だったモデルのSD賢姫。
彼らには悲しい事や悩みや不安がない。
せいぜいおなかがすいたとかみずむしがかゆいとかその程度の悩みしかない。
毎日が充実していて幸せに生きている。
僕は僕のサイトに来てくれる人が病気や経済や家族の事で色々苦しんでいることがあれば,一瞬だけこのフォトドラマを見て現実から離れて欲しい。つらいことや痛みと少し逃避してほしい。
その一瞬だけでも悩みを忘れて笑って欲しい。
そう思ってフォトドラマを考えています。
スポ根のように主人公が苦しい境遇でライバルと戦いながらがんばるよりもSD幸ちゃんが圧倒的な力で敵をなぎ倒していく。その爽快感を楽しんでほしいです。
『千の風になって』も『おくりびと』もいらない。涙なんかいらない。そこにあるのは安心感と爽快感。
毎週土曜日の夜に『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』のホラー系ネタやカーチェイスをわくわくして見ていた
あの頃に戻ってほしいのです。
以下のイラストはほんのごあいさつのプレゼントです。もらってください。似ていないかもしれませんがもらってください。衣装やリボンは僕の勝手なイメージです。僕はヴィドールは古いですが『平和の謡~ようこそ人形館へ~』が好きです。ユキネちゃんやアヤノちゃんがいた頃のヴィドールが好きでした。
ラメ
スポンサーサイト




テーマ:オレは「(`・∀・´)」走り続ける!!! - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック