fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ポリコレや肌の色以前に画一的な美をゴリ押ししてそれから外れた人が傷つくことがつらい
海外の化粧品メーカーが『美白』という表現をやめるらしい。
僕は正直海外のメーカーのやり方がどうなろうかどうでもいいのですが
日本がいまだに『美白』という単語で化粧品を作り続けている方が
問題で時代遅れだし
肌の色の問題提起をするとまるで自分が白人側であるかのようなコメントをする日本人に正直うんざりします。
どうして日本人はこんなにポリコレを嫌うのでしょう?
元来かつては被差別対象だった東アジア人なのに?
じぶんはいじめられっこじゃないもん!と言って他のいじめられっ子をいじめっこと一緒に叩いて
いじめっ子と同じ立場になったつもりでいるのですかね。


それともう一つはものすごく個人的な理由ですが
今まで物心ついたときから
『白い』『白い』と言われ続け言われ飽きてうんざりしてアルビノ一歩手前まで白い顔で
タンザニアに行けば襲われそうなレベルで白い
たっ君に言わせると
白い以外にもたっ君には特徴がたくさんあるのに『俺は白いしか特徴がないのか?』と
いらっとするのも本音です。

どんな肌の色も綺麗な色にすることはできるし
くせ毛だって直毛だってその人の個性で綺麗な髪の毛なのです。
たっ君はいわゆるデイヴ系のくせ毛ですが短いままだとくせがさらに目立つし
そのことで中学の時の教師に嫌と言うほど折檻を受けました。
高校から伸ばして結果可能な限り髪の毛を長くすることで重力を下に引っ張ることで
だいぶくせがゆるくなっています。だからたっ君は二度と髪の毛を短くしたくない。

あとFF7の女装イベントで
くせ毛のかつらが1番評価低くて
茶髪のかつらが普通で
ブロンドのかつらが最高評価でした。
髪の色も納得いかないものがありましたがそんなにくせ毛っていやなものですか?鼻つまみ者ですか?
僕はプレイ中にこれは悲しい!と友達に訴えましたが理解してもらえませんでしたが
今でもこのかつらの評価についてはもやもやが残っています。

画一的な美しさだけで広告を謳うこと,そればかりをアピールすることがどんだけその画一的な美しさのポイントから
外れた人を無意識に傷つけるかと言う話です。



以前茂木先生とまーたんのトークに行った時にたっ君がそれとなしに茂木先生に
その話をふったのですが『人の好みは多様性ですし』とはぐらかされてしまいましたが
茂木先生も今頃になって美白の表記をやめることについての言及を始めたので
やっぱりこの問題から誰も逃れることはできないのです。
まーたんは最初たっ君が茂木先生に矢継ぎ早にその話をしていると隣で
『うちが入ってこれへん難しい話してる!』
とすねてたんですが茂木先生が
『まーたんはどう思う?』
と話をすると意味が分かったのか
そのときにぽつりと言ってたんですよね。
「あ…でもうちも気持ち分かるかも。アニメとかでヒロインとか主役は大体金髪で
悪役の女の子は髪の毛は黒だったりするんよ。うちもそれは嫌やなと思う…」
と地毛が暗めのブルネットのまーたんは言ってました。


そういう画一的な特徴を美しいとかよしとされるとそこから違うものをもった人は
うっ,と苦しんでしまう事もあるのです。
これ以上は多くは言いません。言いたくありません。
ただ,肌の色やそのほか見た目の特徴でコンプレックスで『うっ』とくる
苦しみを僕は我慢したくない。それだけです。
15934953260.jpeg

スポンサーサイト




テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック