fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



水族館の動物だってコロナで誰も人が来なかったらつらい
さっきちらっとシャチの写真をのせましたが,
シャチは知能があるので水族館生まれの個体は人間になつきます。
イルカもゴンドウもです。
どれくらいひとになつくかというと
こいつはたっ君を乗せたメスのカマイルカですがこれくらいの高さの柵のないプールですと
僕の顔に水を吹きかけるくらいにはなつきます。
15852766290.jpeg

というか前を通る人間に水を吹き付けてやろうとつねにこの姿勢で首を出して待っています。
で,人の顔に水がかかるとそれが愉快で
『ケケケケケ!!』
と笑います。

当然知能があるので飼育員さんの顔も覚えます。
つまり知らない人間と知っている人間の識別ができて,
閉園日でもない限り不特定多数の人間が出入りする事も知っているのです。

だから閉園が続くと「あれ?おかしいな?」くらいに思うんですよ。
で,自分の知っている日常から長く離れるとやっぱり動物も不穏な気持ちにはなりますよね。

ペンギンなんかは閉園日だからと園内を散歩させたりしていますが
大型動物はそんなことできないしやっぱり体のスペースは動けないし
逆に人間の出入りがないから刺激が少ないと思います。


ちなみに1番よく笑う動物と言えばシロイルカなんですけども
こんな顔してるんですけどもちなみにこいつは普段からこんな変なドヤ顔をしています。
15852778970.jpeg
普通の人はシロイルカを見てかわいい~と思いますがたっ君はかわいいと思ったことないしどっちかというと
「ああもう毎回クソむかつくドヤ顔だな!お前らって」(悪意はない)
と思ってます。それくらい表情が面白く,いつも良く笑う動物なのです。




で,ある事を思い出しました。一時期鴨川シーワールドがシロイルカのプールを工事のため公開休止
になったことがありました。
ちなみにシロイルカのプールは空調があるため窓もありませんし外も見えません。
そしたら中から
『出してくれー!』(と思ってるかは分かりませんが)
というような
『キキキキキ!』
という何頭ものシロイルカの怒ったような声が聞こえるのです。
ちなみに工事じゃなくて営業中のときのシロイルカのプールは普段はここまでひっきりなしにうるさくありません。
動物がここまでキキキキ声を出すのは何か要求があるのに違いないのです。
一度たっ君は建物に近付いて裏側に回り,(シロイルカのプールは建物中の裏側だから)
『大丈夫か~?』(口には出してませんがそう思いながら)
と外からバシバシ壁を叩きましたがキキキキの声が聞こえてくるだけでした。


やはり日常性を奪うとある程度動物はストレスを感じると思います。

毎日決まった時間にショーをやったり
外からきた知らない不特定手数の人間の顔を見ることは適度な刺激になりますし
それがなくなるとやっぱり気持ちは不穏になるのではないでしょうか。
毎日の餌さえ与えてればいいのでわありません。

つまりたっ君はそれと同じ状態なのです。
もはやコロナはどうでもよくて外からのお客さんは入ってこないしメーカーのほうもひまらしくて
全然電話すらくれません。
どないせーっちゅうんやと。
餌はありますが外からの刺激が入ってきません。
閉園中の動物園や水族館の動物のようにたっ君はいつまでもじーっとしています。
いいかげんにしてくれ。
スポンサーサイト




テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック