fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



おしゃれやハイセンスより楽しさ重視だから僕は木のおもちゃを買わない
たっ君はサンドイッチ屋さん遊びがやりたいのでままごとの食パンを探すんだけど
見事にフェルトの手芸自慢の画像しか出てこねー。
たっ君はいつも書いてるけど布と木のままごとが嫌い。はっきり言うわ。嫌いよ。
天然素材だからとか手作りだからという親側のドヤ顔やオシャレ自慢手作り感が
すけてるのも嫌なんだけど
まぁそれは後付け的な問題であり
本音はぶっちゃけリアルじゃないからテンション下がるんだよ。
やっぱりたっ君はリアル系で遊びたい。

たっ君は他人から見ておしゃれさや周りから見てハイセンスに見えるからではなく
自分で楽しいか嬉しいかでおもちゃを選ぶから
そういうドヤったこじゃれたおもちゃや雑貨は必要ないわけで。

だからたっ君の家は他人からのセンスやインテリアなんかどうでもいいので
インテリアになるようなぬいぐるみやセンスのいい北欧の木の玩具はない。
たっ君のおもちゃ箱にはバービーだけじゃなく海外のやッすいぶさいくな着せ替え人形や
粗末なプラスチックの人形の家具やウルトラマンのソフビや変身道具がぐちゃぐちゃに突っ込んである。
ようはおもちゃ箱に入ったら整頓したことになるんだし。

そもそも自分が楽しい>オシャレでハイセンスと思われたい
だからしょうがない。

だから本来遊ぶためのおもちゃなのに遊ぶ人の事よりハイセンスだと思われたいおしゃれに思われたいから
木のままごとを買ったりしちゃう大人がいるんだな。
子供はそれしか与えられないからそれしか知らんから使ってくれるだろうけど
多分たっ君のカラフルなプラスチックのままごとを見たら子供はそっちうらやましがると思う。
母ちゃんがなんとか子供服ブランドのシャツを着せようとしてもしんちゃんがアクション仮面のTシャツ着たいのと同じ。
たっ君はBABYのくみゃのリュックじゃなくてジードのリュック背負ってるでしょ。
だって服はくみゃのジャンパースカート何着か持ってるし頻繁に着てるけど
それはたまたま服のデザインがかわいくて着心地が良くてサイズもたっ君の体にジャストフィットだから着てるだけで
キャラ単体としてはくみゃよりジードの方が好きだもん!
ちなみにたっ君はprettyのリリカルバニーのプリントの服や靴下が出るたびに毎回慌てて買ってたけど
そのリリカルバニーよりジードが好き。
くみゃもリリカルバニーも服のプリントとして好きなだけで
ジードほどたっ君の生活レベルや興味に『ただちに影響はない』。(ジードが生活に影響が出るってどんな生活だよ)


だからロリィタ同士でくまのぬいぐるみ抱っこしてる子の横でたっ君はパステルカラーのシャツとデニムの
ぢゅん子さんを抱っこしてる。
で,写真とるときのポーズもレッキングバーストだよ。(初代マン兄さんのスペシウムとの違いはレッキングバーストは両手の指をまっすぐのばさず,そろえず,ちょっとだけ内側に曲げるかんじ。この写真のジードと左上のマン兄さんと比べるとよく分かる)
A1DIZvffCuL.jpg


まわりから見られるセンスと言うより自分のセンスを主張してる。
かわいいと誰かから思われるより俺はウルトラマンになりたいんだ!的な気持ちの方が強い。

まぁそんなわけでちょうどいい食パンを探してる。
早くサンドイッチ屋やりたい。


スポンサーサイト




テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック