fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たっ君髪の毛を星奈ヒカルカラーにすることで病人ぽさが少しましになる
しばらくたっ君は染めないで放置してたんだけど
やっぱりたっ君は冬は冬毛色が似合うのでマニパニ入れたので今はどっちかというと
髪型だけは星奈ひかるっぽくなってる。
15803552650.jpeg


hikaru.jpg

プラチナブロンドのままだと顔が白いのもあって本当に病人みたいというか髪型といい服のシルエットといい
まんまクリスになっちゃう。
15803571390.jpeg


まぁ十分病人なんだけど(医者談)

最近思うことは今までたっ君は自分の事バトーみたいに筋肉ムキムキで
でもたまに哲学的な台詞を吐いたりそんなキャラだと思ってたけど

ariseを見てからはたっ君は所詮ムチムチボディのクルスのボディを操って喜んでただけの青白い顔のクリスと
変わらんと気が付いた。
だからariseのクリスを見たのは自分の現実をつきつけられる現実になってしまった。
自分を客観視ってすごくむずかしいから今までどの医者もたっ君のこと
「あんたは病人だよ」
「こんな数値悪くて病人じゃないとかおかしいでしょ」
とか言ってくるのがおおげさな,と思ってたけど。
クリスに出会って初めてたっ君に関わってきた医者たちの言っていた意味が分かった。
たっ君はマッチョに憧れるただの病人だ。

たっ君がどんなに筋トレしてももとが貧血で病人なんだから
筋肉はつくけど中身の血液がボロボロなんじゃ,どうしようもない。
しかも筋トレのせいで元々体重に対して少なかった脂肪がさらに減って
抵抗力もヘッタクレもない。気管支ボロボロでずっと咳ばっかりしてる。
体重に対して多少の皮下脂肪があるまーたんはいつも元気だ。
顔色もいつもいいし。


たっ君は顔が白いねうらやましいと言われるけどあんまりにもそればっかり言われるもん。
あかんべーするとまぶたの裏が真っ白だ。
よく医者がたっ君のまぶたに指を突っ込んで思いっきりひっぱるのは痛いからヤメレって思ってたし眼科じゃないのになんで?と
思ってたけどあれは貧血を調べるためだったと数年前に気付いた。

だってschwarz steinの3ショットのときも
kayaちゃんが色黒に見えてたっ君と白塗りのhoraえもんが同じ肌色に写るくらいだぞ。
しかもたっ君もhoraえもんも2人ともカラコンが赤だから完全に2人同化してた。

いいか,くどいようだが美白というかただ顔を白くするだけなら
化粧品や美白サプリもいらねぇぞ。
ただたっ君のように重度の貧血抱えればいいだけ。
それも死ぬまで。
頭がくらくらしたり目が回ったり息切れしたり関節痛のきついのが来るのを耐えるだけ。
それで十分アルビノ一歩手前の美白になれるぞ。
ただ目の周りや関節に青あざがでてくるのでまんべんなく真っ白になる保証はない。



それでも重度貧血になって11年,何回かはひどいのがきたけど耐えてきた。
でもこの1月からのは10年くらいぶりにきつかった。
死は覚悟してないけど俺どないなるんやろうという怖さはあった。まさか一生このまま目が回って体が痛いままかと。
おととい夜あたりからようやく楽になるまでしばらく元気がなかったの。

まぁそんなわけでこれじゃいけない!と思ったし
この顔いろの悪さにこのプラチナブロンドじゃしゃれにならないくらい病人ぽかったので
星奈ひかるカラーにしたんだけど
いくぶんか気持ち的に元気が出てきた。
元気がなくてもまずは形から変えて中身を元気にするって事も大事。
スポンサーサイト




テーマ:健康 - ジャンル:心と身体


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック