FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



不安,痛み,薬の副作用,走ることで楽になる
毎日たっ君は体が痛い日でも最低7.4km走る事にしている。
もう1年近くこの習慣ができてきた。
実は走っている間はあのバキバキの痛みや薬の副作用の吐き気がましになる。
普通の人は3食ごはんをたべるので吐き気があればはいてスッキリできるが
ほぼ24時間に1度しか餌を食べないたっ君は吐くものがないので
気持ち悪さは続く。これがしんどいところ。
今も薬の副作用が気持ち悪い。
そこで手足をバタバタ動かしたり走り回ることで紛らわせる。
普通の人間だって不安な事があればそわそわするがとにかく不安の強いたっ君は
ソワソワどころか多動でうろちょろする。
たっ君が多動が顕著になったのは小学5年生から。
意地悪な折檻ばかりする先生でたっ君は不安や恐怖や嫌悪で多動になり,
怒られるようになった。
怒られるのはお前が俺を不安にさせているのだろう?と言ってやりたい。

不安や痛みさえなければたっ君は多少じっとしているわけで。
あるいは不安を解消させてくれた人のそばにじっとついてまわったりする。
とくに当時の教頭先生は僕に対する理解があり,一度ひどい折檻を受けていた時に
助けてもらったことがあるので恩は忘れず教頭先生のお手伝いも好んでやっていた。

たっ君は言葉を話すのが嫌いだから多弁にはならない分多動になってしまうのだ。
これがしゃべるのが好きな人は多弁になる,元は同じだ。

体を動かすことで体温を上げたり手足を動かすことに意識がまぎれるので
僕は走っているのだ。

よく一部鬱の人が過眠症になるというのもよく分かる。ようするに不安やつらさから意識を紛らわせるために
眠るのだ。
たっ君は眠くないから走っているだけ。
気が付いたら万歩計がえらいことになっている。
万歩計を付けるのは目標を達成すると言うより走りすぎたらやめようというのもある。
それくらいたっ君は多動がひどく走りっぱなしになってしまった。

たっ君にじっとしろと言うのならじっとするための不安を消してほしいよ。
隊長が「黙れ。今誰もスホーイの話はしていない。お前の思い違いだ」
と言うとパニックを起こしていたたっ君が急におとなしくなったり
学校の宿泊行事で居場所がなく施設内ウロウロして食堂に来てしまったら
「これお手伝いしてもらえませんか」
と声をかけて配膳のお手伝いをさせた他校の先生のように。
(それ以降宿泊行事中は毎食たっ君は時間が来ると食堂へ向かい配膳を手伝いをしていた。その翌年
たっ君は年間通しての給食室ボランティア男子になる)

原因を取り除くか
用事をさせて他の作業に集中させて(走る事もこの1つ)まぎらわせるか
しかないんだよな。
そういうい隅では手足を使う作業だらけの農学部はたっ君に向いていたわけだね。
僕にとって作業の時間は小学校で言うと理科と言うより
体育の一部のようなものだと思ってる。
理科と体育のハイブリット,それが農学部なのだ!
だから多動のあるアスペルガーさんにはおすすめの学部だぞ!
ただし女っ気はないのでそういうの求める人は向かんぞ。

新しい学校で不安だけど次々作業を頼まれて手を動かせるんだから。
まぁ口を動かさず手を動かせと言われるのが一般人だとしたら
たっ君は手足をばたばたさせて口は動かないんだから。
15798449630.jpeg

スポンサーサイト




テーマ:アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル:心と身体


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック