FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



小児の肥満はその子を責めないでほしいこれ以上傷つけてはいけない僕のような食べられない大人になる
そういえば気が付いたけどたっ君は食べることは嫌いかもしれないけど
飲み物は好きなんじゃないかと気が付いた。
といってもカフェとかで時間を取るのは嫌いで
水筒にお茶を入れて片手で飲んでるし
名糖のレモンティーとカルピスの原液があればよい。
駅やデパートにあるミキサーのあるジューススタンドにも立ち寄る。梅田の150円のミックスジュースとか。

たっ君は水分さえあればしばらくは死なないと思ってる。

そういえば友達と出かけても友達によく言われてたな。
「『また』飲み物だけか」
って。

たっ君はある程度体が元気にならないと食べられないんだと思う。

ところでたっ君が食べなくなったのは
やっぱり子供の頃肥満だったからだと思う。
肥満=食うことが好きなやつという思い込みがあり,それで何も食べてないのに食うなデブ
と言われて食べることが嫌いになり,それなのに残したら怒られるから
食べてしまう。
このダブルバインドがきつかった。
でも学校で出される給食はとてもまずくて味が濃くて
たっ君の心は満たされなくて
帰った後家で色々食べるから
1日4食食べてるようなもの。
何かのせいにするなとは言うけど…それで子供の時点で満腹中枢が壊れてしまった。
一度そうなると大学生になっても治らない。

なにかのせいにはしたくないけど本当につらかった。

中年太りや大学生になって部活をやめて太ってくるのとはわけが違う。
もちろん親が悪いのではない。
とにかくあまりにもいじめられすぎてすっかり食べることが嫌いになってしまった。
今でもどこかで食うなデブという言葉が呪いみたいにかかってるんだよ。
だから僕は食べられない食べない大人になってしまった。



今は貧血のおかげでしぼんだけどしぼんだときの皮が残っていて
10年たっても縮まない。

筋トレすればひふが縮むのは大人になってから太った人。
子供の頃から太っている子は大人になったらたっ君のように皮が残ってしまう。


僕にとって食べることは苦痛で最悪でどうにかしたくて
もうほんといまだに解決できてない。

ぐちゃぐちゃのままだ。

大人になった今でも周りの大人から食べなさいどうして食べないのと怒られる。

うるさい,僕が食べたら今度は食うなデブって言うんだろ。もうその手には乗るもんか。

『食べる』行為のトラウマはほんとうにきつくて今これを書いている
瞬間も僕は今ボロボロ涙をこぼしている。
僕は食べていないのに学校で食うなデブ,デブ,ブタ,ブッチャー,いろいろ言われたことが
まとまって今記憶がよみがえる。
そういう呪縛はこれから先も…きっと続く。


僕はジャイアンがどうしてガキ大将になれるのかが不思議だった。
現実の日本ではジャイアンのような体の大きい背が高くて太った子はいじめられる。
たっ君を見れば分かる。
さらにたっ君は社長の孫,ということでスネ夫とも共通点がある。
そんなハイブリットがいじめられるのが日本の小中の公立学校の現実だと思う。
普通の子の方がいじめっこになる。
出来杉の女版みたいなやつは大抵クソだ。
あとしずかちゃんは男児とばかり遊んでいたのは女児からははぶられていたのかな?と
思った。

僕が2年生の時普段は気が弱くおとなしく不満を言わない小柄なおじいちゃんは初めて主張した。
「こんなにいじめられるなら先生もひどいしうちするなら私立の小学校に
入れるべきだった!」
ちょうど僕が目立って太り始めたのが2年生の途中からだったっけ。





わがまま,食べ物の好みがおかしい,そう片付けられてしまうだろうけど。
なにしろ給食のパンを6年間1度も食べきることができずいつも半分だけ食べて
ビニール袋に入れて持ちかえっておばあちゃんと分けて食べていた。






でも僕がまーたんがあれおいしいこれおいしいと食べてるのを見るのは好きで
自分は食べられなくてもいいからそれを見てニコニコしていたい。
そんな気持ちはある。
0116202.gif
そう言えば僕が小学校6年の時1年間給食室の下膳用のカウンターで調理員さん達を手伝ってた話はこないだもしたけど
全学年の下級生が食器や食缶を持って来る時にたっ君に
「ごちそうさまでした」
「ありがとうございました」
って声掛けてくると別に僕が食事を作ったわけでもないのに嬉しい気分になったのも思い出したよ。


あと今は大事な友達に恵まれている事も感謝しなきゃいけない。
僕がkg単位で肉を食っても目の前の隊長は『こいつは肉食動物だから』と気にしないし
たっ君がむなしで山盛りごはんを8杯食べてもひろりんちゃんは『食うな太るぞ』とかひどいことも言わず
「ただの食い貯めだな」
と分かってくれるし
みんなたっ君が何か食に関する呪いを背負ってることは気付いてくれてるみたいだけど。

こないだもひろりんちゃんとジョナサンでたっ君は何度も
「ひろりんちゃん,今日はお話してくれてありがとう俺と一緒にごはん食べてくれてありがとう」
と言ったので
「何度も言うなよ。こっちが気を使うじゃん」
と言われてしまった。



いじめ被害や肥満はたとえ本人に原因はあってもあまり傷つけたりいじめないでやってほしい。
僕のような細かいことが神経質だったり傷つきやすい性格だと
本当に大人になってから病気が出たりいろいろするからさ。
スポンサーサイト




テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック