FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



横から目線のたっ君から見たらバランスがいいとか中庸ってようするにぶれてるだけじゃね?
貧血がなかなかある一定以上はよくならなくて
熱も少し出てきて
本当にたっ君は今不運だと思います。

あとこのところたっ君の人間嫌いがどんどん悪化してきてます。

その事で思ったのですけど
たっ君が人間を見ているのは上から目線じゃなくていわゆる横から目線なんだと思います。
ふーん人間て大変だねー
めんどくさいねー
って見てる。
まさにこれ。
15792563780.jpeg

たっ君は人間てなんで1日に3回も飯を食うのかね,なんでそんなにグルメからコンビニスイーツに至るまで
熱く語れるのかねと思う。
たっ君なんか病気でなくてもIVH(中心静脈栄養)考えちゃうもん。食べる事が深刻なレベルでめんどくさいたっ君
にとってはメンタル的にそこまで思いつめちゃうのよ。
ちなみにこのダグザってキャラは池田秀一さんがやってる。
池田秀一さんってシャアの人らしいけどガンダム見ないのでもうこの声と言えば
たっ君はティラミスのキャデラック総裁なんだな!


人間とたっ君はどちらも平等でどっちが下等とか決めたりしたくないけど
ただ確実に人間のウザさめんどくさ社会のシステムはたっ君を苦しめるわけで…

今メガテンやってるから余計にそう思う。

いつもたっ君はロウ側の選択をしてしまう。
原則としてたっ君はカオスを理解しつつ結局ロウの秩序を守る。多分良心プログラムのせいだ。
ただ言えるのはニュートラルなんてありえない。ひどい選択ばっかりだし理解もできないひたすらいらつく。
中庸をよしとするバランス感覚がいいとかいうと聞こえがいいけどぶれまくっててなにも自分の事を決められないだけ。
…あれ?デジャブ?この言葉何週間も前に行った気がするけど。
まぁいいやデジャブは一種の脳のバグのようなものらしい。

人間って結局きれいごとを言いながらぶれまくるのがたっ君は嫌なんだろうね。
無印のメガテン4でもイザボーにいらついたのはぶれまくって自分で何も道を決められなかった。
カオスに進んだワルターの方がよっぽど潔い。たとえ対立することになっても。
ロウとカオスは表裏一体、だけど対立しても理解はできる。
メルカバーとルシファーがあいまみえ、休戦し一時的に共同戦線組んだように。
15792575800.jpeg

だけどニュートラルの人間はおいてけぼりだったよね。
だってニュートラルはロウとカオスをいずれも理解しようとしない。ロウとカオスがニュートラルに歩み寄ってても。



それがベスト?ただのワガママヤローじゃねーか。

アスペルガーは0か完璧でしか物事を見られない,
それをものすごく悪い事のように言うけどたまたま君たちが多数派で中庸が都合がいいから
そういうアスペルガーの性質を悪く言ったり薬や療育で何とかしようとするけど
それをやると僕は壊れてしまうから。
妥協を許さず自分に厳しくするときは徹底的に厳しくなるのがたっ君だからここまで生きてこれたのに?

メガテンでベストエンド見たきゃたっ君の嫌な身勝手な人間の選択肢を採用しないといけない。
正直カオスの選択肢よりきつい。
身勝手でぶれてて最悪や!
でもこの選択肢にしないと不幸だったり不自然なエンドになる。

だから大体たっ君は1周目はロウ2周目はカオス,3周目でニュートラルだよ。

1回くらいニュートラルよりロウやカオスの方が気持ちいいエンド作ってよ。

スポンサーサイト




テーマ:発達障害 - ジャンル:心と身体


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック