FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たっ君新たな旅に出る&メガテン4ファイナルは無印の育てた悪魔のデータまでは引き継いでくれない
というわけで今年度の誕生日プレゼントのメガテン4ファイナルをやる。

メガテンはゲームシステムとストーリー作りはいいのよ。
ただ1人はクソむかつくキャラがいたり
もうその設定飽きたから…というのがある。

あともう1つは毎回ニュートラル=ベストエンドってのが製作者の人生哲学を押し付けられている。
僕はニュートラルって中庸って言葉で言うとかっこいいけど
ようはプレブレなやつ,自分の思想も決められないやつってことだから。

あとこれは他のRPGにも言えるけど
ヒロインが回復系ってのもいい加減にしろ。
色々いてもいいと思う。
物理で殴る系ヒロイン最高やろ。
最近はまーたんに触発されて脳筋サラスヴァティ作って力300こえでボスを冥界波一発で
文字通りあの世にふっとばすようになってからそう思った。
せめてみんなでパラスアテナ作ろうぜ。

他にも主人公が大体中高生。未成年。
おいおいデッドスペースのアラフォー主人公なめてんのか?

そういう意味ではストレンジジャーニーは普通の軍人のおっさんが主役だからあれは
本当に硬派でよかった。

たっ君くらいの年のユーザーはああいう青臭い年齢の中二病みたいなキャラやデザインを
見るとむずがゆくなっちゃうからさ。
青春ジュブナイルなやつ。
対象年齢15歳以上で主人公が15歳とか何。
オッサンやその他大勢の年上ユーザーは青少年の青春を傍から見てろってか?

プリキュアがなんで中学生か知ってる?
ユーザーが幼稚園や小学校低学年だからだよ。
たっ君の言ってる意味分かるよね?

ペルソナ3がほんとこっぱずかしくてあれやったときはほんまペルソナは次はもうやらんってなったもん。
(後日談までやっててそこまで言うか)


でもさ,神話とか哲学とか宗教学とか好きなたっ君はなんやかんやメガテン好きだよね。
ターン制の戦闘システムがだるいけど。(やっぱりアクションが好き)

さてこのメガテン4ファイナル前作のデータあれば引き継げるよってあったから
喜んで引き継いだら
15792248530.jpeg

良く分からん称号と全ステアップのアクセサリもらえたけど…
悪魔合体のデータベースに悪魔を引き継けない様子。
うぉぉぉぉぉい!!(怒)

俺がガイア教団殺しまくって力の香集めまくりで育てたパンチ一発で1ターンで終わらせる脳筋サラスヴァティとか
素材のフレスベルグを作る縦目に1日中レベルアップして作った氷のエキスパートのスラオシャとか
ねぇ!!データ引き継ぎできるんなら使わせて!!

…一からまた低レベル悪魔から作り直しか…(ブツブツ)

確かに序盤から脳筋サラスヴァティと魔力マシマシでなんでも凍らせるスラオシャとギガプロレマ強化のダイアナの天扇弓で
みんなでアンティクトン連ちゃんしたりくだんのチームALFEEで連携したら
ゲームバランスもヘッタクレもねぇわな。
それは分かるんだけど。一から作り直しとかそんな暇じゃないわ。
いやメガテン4のたっ君の主要仲魔は6年前にレシピメモを残してるんでスキルが一緒なら
効率よく素材集めればいいだけ。プンスカ。
何?スキルも変わってる?一からやり直し?
ぷぁー。(空気が抜けた)

頼むから脳筋サラスヴァティだけでも使わせろッ
スポンサーサイト




テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック