FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



オリジナルチキンにはケンタッキーの叡智が詰まっているぞ!
ということで今年の12/31の夜は思いっきり楽しむ事にしました!
正月は大嫌いだけど今はまだ12月だからたっ君を祝うのだ!
見ろよ!さっきケンタッキー買った来たぜ!
たっ君『オリジナルチキン下さい!10個!』
スタッフ『ただいま5分程お待ちいただ…』
たっ君『(食い気味に)構いません!待ちますとも!』(むしろ揚げたて食えるラッキー!)
と待ってる間キッチンに向けて
『サイを食わせろ…サイを食わせろキールはいらんからサイを食わせろ』
と謎の念を送っておりました。

揚げたてのケンタッキーこそ最高です。
ちなみにたっ君は死んだらケンタッキーのバケツの箱にオリジナルチキンの可能な限りサイ
を詰めて棺桶にファンタオレンジのでかいのと
一緒に入れてくれと常々頼んであります。
月命日にもケンタッキーを備えてほしいです。


そして揚げたてのチキンは袋を持つだけでもあつあつだ!


15777934140.jpeg
たっ君「うへへぇー」
レオ「…」



15777934240.jpeg
たっ君「うっひゃっひゃ!」
レオ「…」
たっ君「俺の顔になんかついてる?」
レオ「お前,今日それを食べて明日か明後日だかにもまた同じ店でそれを買って食べるんだろう?」
たっ君「お正月パックだね。食べる食べる!あれがなきゃ正月じゃない!」


レオ「達哉,お前その料理,24日の夜にも食べいてたな?」
たっ君「食べた!食べた!あれがなきゃクリスマスじゃない!」
レオ「25日と27日の昼前にも食べていたが…」
たっ君「ナゴリチキンってやつさ!」

15777942600.jpeg
レオ「…」



15777944350.jpeg
タイタスさん「まぁいいじゃないか。なにがそんなにしんぱいなんだ?」
レオ「いくらなんでもずっとひっきりなしに年末年始にケンタッキーを食べていることになるぞ!」



15777945370.jpeg
タイタスさん「ところで達哉はいつもその三角形のを食べるときは他のを食べるときよりも
桁外れに格段の笑顔だがそんなにうまいのか?」



15777945470.jpeg
たっ君「これはサイと言ってな,
最も偉大なるケンタッキーの叡智がつまった部位なのだ
こいつがなければケンタッキーとは言えないッ」



15777950030.jpeg
レオ「なんだ気になるのか?だったらヒロユキと同化して彼に食べてもらったら味を知ることができるぞ」
タイタス「いや。私は避けたい。なぜなら達哉の好む食べ物は大体脂質が多くて筋肉によくない。
おそらくそのサイとやらも脂がほとんどに違いない」


ちなみにオリジナルチキンを食べるときのたっ君を知ってる人は『あれは人間の食い方じゃない。
やっぱいこいつは肉食動物だ』
と言います。
もう歯や顎の使い方が人間のそれじゃないネコ科の大型動物やんけって。
ほんとこの動画の虎みたいらしいです。

『心配しなくてもお前の分はとらねぇから落ち着いて手を使って食え!』
って言われます。

ものすごいスピードで食べるので10本くらいなら20分くらいできれいに食べます。
骨の間の血管やこりこりしたのも食べます。
ただやっぱりサイを食うときだけはゆっくり味わって心の底から鶏さんと農家のみなさんに感謝して食べます。
友達同士でケンタッキー食べるときもサイは優先的にたっ君に譲らないと血を見ます。気を付けて。
スポンサーサイト




テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック