fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



押尾学のやったことについて
押尾学が麻薬で捕まって次は一緒にいた女の人を死なせてしまったかどで起訴されている。
僕はちょうど正月中に中島らもの『アマニタ・パンセリナ』という自身のドラッグ体験の本を読む機会があったのでこの事件についてちょっと語りたい。
中島らもはドラッグに貴賎ありと説き,その中でも覚醒剤は最低の薬だという。
それはなぜかというとよくある言葉でドラッグやめますかそれとも人間やめますかというものがあった。この標語は裏を返せば中島らものようにある程度いってる人はドラッグやめますかそれとも人間やめますかの時点ではい,人間やめますと選択している。つまりドラッグやるのももし自分がそれで廃人になってもいいというリスクを背負ってやっている。ラリって破滅することも覚悟してドラッグをやっている。しかし覚醒剤などはその伝播の仕方が違う。疲れが取れるから痩せるからという理由で覚醒剤だと知らずにやってしまうのである。すすめる側もそれを相手に覚醒剤だと教えてやらない。つまり悪い薬をやっているという心の準備も覚悟もない人間に薬を打たせるわけだ。
これは怖い。
しかも進めた人間が悪意があれば最悪その人をシャブ漬けにして薬がほしければ自分の言うことを聞けとコントロールすることもできる。これはドラッグが合法か違法かという以前に許されない問題である。

僕が押尾学がまずい事をしたのは被害者にこれはやばい薬だからと教えて飲ませていないだろうと思うからだ。もし押尾学がこれはやばい薬だと説明していれば相手は断るか嫌がるかするだろう。それをしなかったもんだから,軽い気持ちでその薬を服用したのだ。被害者ももともと押尾と同じラリ中ならば自分が好き好んでその薬を服用していれば仕方なかったものの何も知らないで元気になる薬だとか言って飲ませたならば立派な犯罪になるだろう。
ラリ中のカップルと言えばシドとナンシーだがあの二人はどちらもがラリパッパだったので,文字通り二人揃ってぶっ飛んでてすごい人生だった。殴り合いのけんかをしてもどっちもラリ中だったからそれで天国だったのだろう。
押尾学の場合押尾学一人がラリパッパで相手の女性を悪い薬に引きずりこんだということになる。
ロッカーを気取っていても押尾学はシドにはなれないと思った。



>>みみさん
年末にコメントできなくて申し訳ない。
本当に疲れて1年短かった。
しんどい。
今年こそ幸せな年にしたいと思います。
今年もよろしく構って下さいね。
スポンサーサイト




テーマ:芸能ニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/01/10 20:52】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック