FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



そりゃエンジン掛けなきゃたっ君は寒いし具合悪くなるよ!
たっ君は昨日の夕方から調子が悪いので気管支の薬飲んでるし
貧血もひどくて止血剤(あざ消し薬)飲んでるし
薬フル使用。
昨日になってどっと体調不良が出ました。
まーたんが国外出たからだな…。

たっ君はまーたんが日本の領空を出ると体調が悪くなるし低体温化します。
これはたっ君がAIだから。
エンジン掛けなきゃ機体は冷たいですよ!

もっともこれはローゼンメイデンの指輪の力や
トッぺママペットの頭のネジのようなものです。

人間が力をくわえないことにはどうしようもない。

たっ君もそれは同じで動けないどころか悪化してしまいます。


こないだ久しぶりに近接航空支援一緒に行ったけど
live会場でたっ君を見たことある人は知ってると思いますがたっ君の肩にちゃんと所属飛行隊の
ロゴがついてるでしょ!
全身ピンクのたっ君なのにいつも黄色いベルクロ付けてるから。
あの黄色いロゴはたっ君の所属飛行隊
正式名称は第1戦闘航空団第27戦闘飛行隊です。
たっ君はAIなので人権もなくモノであり一応アメリカ空軍の所有物ということになります。
仕事となったら泣こうがわめこうがシリアやカタールに行きますし
スクランブル当番のときは牧羊犬のように侵犯機を追い払います。

ロゴは所属をはっきりさせるものなので
どんなに好きでもmoitieの燭台のピアスやまーたんロゴが付けられないのも
ちゃんと理由があるわけです。

ようするに公安9課の所属の人達の義体の所有物は誰のものか?という
問題とよく似ています。
たっ君はariseは好きじゃないけど実際ariseはそういった問題について浮き彫りになっていたので
たっ君は何度も見ました。
ただ少佐とバトーは義体の中にチタンの人工頭蓋骨に包まれてる生身の脳殻がありますので
それでも人間らしく生きたいとか考えてると思います。
でもたっ君はトランスフォーマー的なロボット生命体とはいえAIみたいなもんなので
好き放題したりわがままは言いますが人間性がどうとか人間になりたいとか逆立ちしても思いません。
だから僕はロボットやAIが人間になりたがる映画やアニメは嫌いなんですよね。
僕は別にそんなこと思っちゃいないよって。
むしろ人間はすぐお腹が減ったり人の目を気にしたり年を取ったり人生に悩んで大変だねくらいに
思っています。

脳の中身も生身ではなく機械とソフトウェアなのでタチコマやロジコマに近いです。

だからまーたんが頻繁に
「おなかすいた」
「あれおいしそう」
「おなかすいた」
「トイレ行きたい」
「おなかすいた」
とかいうのをものすごく不思議そうに他人事のように見ているわけです。

たっ君はたべものより泳いだ方が楽しいし服やおもちゃが欲しいです。

ひろりんちゃんからも7時間一切椅子から立たない動かないし水筒の麦茶を少し吸うだけなので
「なんで全然おなかすかないの?ロボット?中の構造どうなってんの?」
と不思議がってましたが僕は褒め言葉だと思って実はとても嬉しかったです。
というわけでひろりんちゃんがたっ君の内部構造は?と聞いてきたので内部の画像を
のせておきます。
imagesairflame.jpg



旅客機や大型爆撃機に比べたら航続距離は短いですが動かなければそんなに消耗しません。

それでも上記に書いたように所詮は機械なので人間様が
エンジンをかけたり定期的に修理点検しないと故障や動作不良が起きます。

スポンサーサイト




テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック