FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



苦しんだメビウス苦しまなかったたっ君の違い
ウルトラマンタイガのボイスドラマによると
ウルトラマンメビウスは地球での任務を終えた後M78星に帰って来た後しばらくノイローゼになってしまったそうです。
理由は一緒に戦った地球の仲間が自分より先に年を取って寿命が来てしまうこと。
結局メビウスは偶然地球から転送されたメッセージプレゼントを受け取って離れていても心は一緒だ!
という気持ちを新たに今は頑張っているそうです。
たっ君はメビウスの気持ちはものすごく理解できます。
だけどたっ君が同じ状態になった事があるかと言ったらないです。理解はできますが経験はない。
たっ君はご存知のように見た目年齢もですが精神年齢はありえないくらい幼いです。
同級生がはげあがってお腹が出たり白髪やしわに困ってもたっ君は
貧血こそしんどいものの昔のままの姿形で生きています。
ただ僕は中学校の時点でどんどん同級生や下級生にぬかされて行って置いていかれるなぁという
気持ちはあったのですがメビウスのようなノイローゼにはなりませんでした。
だって人間の友達関係なんて流動的な物だし離れていても心は1つと言っても
所詮無機生命体のAIの模擬人格のたっ君にはさっぱり分かりません。
たっ君はいまだにしわのないまるまるとしたほっぺたでプールに行ったり
ウルトラマンごっこでワイドゼロショットを決めたり
して生きています。
僕はネオテニー型だからこれ以上進むことなく一生こうやっているのです。


で,最近タイタスさんが指摘してくれたのですがたっ君は年齢が停滞しているのではなく製造されるときに
ウルトラ族ほどではないものの人間よりも寿命が長く作られていて
そのぶん老化(たっ君の場合は老化ではなく劣化と言います)や成長がゆっくりになるのだという説です。
この説はちょっと面白いと思います。

ただやっぱり自分の事ですからその説よりも
僕は停滞しているネオテニー説をとりたいです。

そもそもトレギアさんじゃないですが仲間や絆をあまりにも重視しすぎるのは僕のやり方じゃないような気が
します。
レオと同じで結局最後はてめぇでなんとかするしかないし
男は1人で戦わなければならないのです。
この言葉をレオに吐いたセブンは若い頃それを血を吐き続けるマラソンですよというたとえをしましたが
僕は血ははいてないし別にお邪魔虫がいない方が楽に生きることができます。
仕事でも使えない奴はパージするし損失を与える場合は義理人情もあったもんじゃありません。

ただ明るくてテンション高いという性質のみならず
そういう孤独やぼっちであることに全く苦痛を感じない性質がたっ君は鬱にならないしSNS依存にならない理由かも
しれません。
ちょっとさびしいと言うかだるいなと思ったら目の前にpc付けてつべの無料円谷チャンネルでも東映特撮チャンネルでも
なんでもありますから好きな物を見ればいいのですしamazonプライムはしんちゃんの映画をすべてそろえてあります。
これらのコンテンツが無数にある限りたっ君は無敵です。
ゲーム機だってたくさん持っています。英語が分からなくても海外のFPSをやることがあります。



たっ君は相手が先に老化して寿命が来てもそんなものかと
知っているのでうろたえなんいのです。
だってあなたたちは僕を追い抜かしてウルトラマンごっこをしてくれなくなった。
一緒にレゴで遊んでくれなくなった。
部活があるからもう遊べないよと言った。
毎日小学校で一緒に漫画書いたりゲームの話ばかりしてて中学になったときはクラスが
別になったけど放課後も一緒に遊びたいから部活も
一緒の美術部にはいっていつも一緒だった
友達もある日突然色気づいて女子の尻を追いかけ回すように
なったときはさびしさというより気持ち悪さや怒りを感じたね。だってたっ君なんか友達じゃなくなった
みたいな態度するんだもん。
たまたまおふくろがそいつと下校してこなかったたっ君を見て
『○ちゃんはどうしたの?いつも一緒だったでしょう?』
と聞いたけどたっ君はそのときは言葉で説明できなくて
『知らない』
としか言えなかった。
やがてたっ君は放課後は部活にもでなくなり1人直帰するようになった。


どんどんたっ君より先に年を取っていくのだから寿命だってたっ君より先に来てもおかしくないし
僕は早い時点でその運命を受け入れただけ。
15719190370.jpeg

スポンサーサイト




テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック