FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



音楽のガラパゴス化をやってしまった日本の音楽界を許せない。悔しくて悔しくてたまらない。
というわけで今年の夏に初めてmodern talkingを聞いてからずっとはまってるたっ君ですが
さすがダンスポップで最も売れたユニットということも知らされて僕は悔しかったのと
やっぱり日本は音楽もおもちゃもガラパゴス化されて外からの物をあまり入ってこないように
している気がします。

たっ君はpet shop boysの90年代のveryからずーっとあらゆるテクノ,トランス,ダンスポップ,
ユーロビート,いろいろ聞いてきました。
その中でもドイツは80年代を皮切りに本当に現在に至るまであらゆるそのてのジャンルの優れた
アーティストを生み出して来た事も知っています。
僕はJpopの音楽フェスやサマソニやフジロックのポスターを見ても8割~9割名前も
顔も分かりませんがドイツの大型音楽フェスのポスターを見たら大体全員知ってるし
顔と名前代表曲が分かるレベルです。
それなのにたっ君はmodern talkingを今年まで知らなかった。
これがすごく悔しいし紹介してくれなかったネットがなかったころの日本の音楽番組及び洋楽業界
は不親切だなぁと思っていたのですが
なんと日本のアーティストがmodern talkingのyou're my heart you're my soul(これを聞くと
たっ君は両腕をおもちゃのロボットのようにぶんぶん振って踊りだします)をカバーしていたのを偶然発見
したのです。
元はこんな曲なんです。

オリジナル初回ver





ちなみにこっちがたっ君の好きな'98年ver



それも日本では愛はロマネスクというクッソださいタイトルでただの乙女チックなアイドルソングになってしまいました。
なんと2回もcoverしてやがりました。
どっちもここにはのせません。あまりにあっけにとられて乗せる気になれませんでした。
別にcoverするなとは言ってないのですがそのときにこれはドイツのmodern talkingの曲です!
modern talkingはこういう人達で…他にはこんな曲もあってと
紹介すれば日本でもmodern talkingに興味を持つ人がもっといたかもしれない。
それを遮断してしまった。
なんでかっていうと自分達の売りたい音楽をごり押しするためです。
もちろんたっ君80年代の事なんてなんも知りません。
80年代の話は昭和のウルトラマンの伝説と同じで年上の友達からしか聞けません。
でも90年代00年代にそれが引き継がれ
pet shop boysやreal mccoyのように
しかるべきタイミングで僕はmodern talkingに出会えていたはずです。
ただそれもあるのは腹が立つのはその
僕はmodern talkingに出会うのがとても遅れたのみならず
(すでに活動停止した後でしたので次の再々結成するなら絶対のがしません!)
ちゃっかりmodern talkingの曲のおいしいとこどりだけはしている日本の音楽業界のせこさなんです。
いくら30年以上昔の話と言っても僕は悔しいしせこいなぁと思ってしまうのです。
2回もcoverさせてもらっといてこの扱いはないなぁと。

とにかく僕は悔しくて悔しくてたまらない。
hqdefault 22222


スポンサーサイト




テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック