FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



インドのトイレ問題についてたっ君の考え
たっ君はいつかこの話題をするよとひろりんちゃんに話していたのですが11月に
まーたんはインドのフェスに出ます。
そのことで余計なお世話かもしれませんがまーたんがトイレに困らないかという
ことです。
変わったスパイスの料理の珍しい屋台や街中のジューススタンド,
食いしん坊のまーたんがこれらに手を出さない保証はありません。
暑いからと肌の出た服を着ているかもしれません。

まぁまーたんは初めてあったときは華奢な見た目通り繊細な女の子だと思ったのですが
なんか女子力(物理)高いし無駄に馬鹿力だし食いしん坊だしスタミナあるし
『え?この人めちゃくちゃ強い?もしかして女子版幸ちゃん?』って気が付いた
くらいですから胃腸も鉄板でできてるのかというレベルでめちゃくちゃ強いでしょうし
神経も相当太いのであまりごちゃごちゃ気にしないので少々インドのやばいトイレも
気にならないと思います。


インドは世界で1番トイレが人口当たり足りてない国です。
どうしてかというとヒンズー教徒はトイレを家の中に作ると言うのは汚いという
考え方なので家の中でウンコするくらいなら野グソ上等の文化なのです。
そのせいで衛生的な問題があったり野グソに行った女性が性的暴行を
受けるなど問題もあります。
実際家にトイレがある人が47%くらい,
家にないけど近くに公衆トイレが使える人が3%
残りが基本野グソです。
スマホや最新のテレビや冷蔵庫やPCは持っていてもトイレがないのです。
インドのモディ首相は3兆~4兆円をかけてインドのトイレを増やす計画を
立てていてトイレは着実に増えたものの国民がトイレを使いなれないので使わずやっぱり野グソ…。
という現実になっています。
0028715466.jpg

https://www.afpbb.com/articles/-/3247703
あとトイレ掃除をしたりくみとりをしたり下水処理で働くのはカーストの低い人の仕事なので
なりてがないというのもありますね。
メガテンの影響で僕はヒンズー教の文化が好きですけどそこは
なんとかしてほしいところです。

野グソってことはウンコが流れていかないわけで畑なり草むらに残るので
悪臭もしますし感染症になりそうだし
女性が暴行を受ける危険性もあるのでなに1ついいことはありません。

今までがそうだったからとはいえ不衛生よりも清潔なほうがいいに決まってますし
家の中にやっぱり作りたくないなら外に作るか
たっ君が1番いいなと思ったのは各家庭ごとにトイレを置かないで
みんなだ共用して使うトイレを公衆トイレみたいに置く事です。
誰でも使えるトイレです。そうすれば家の中にトイレを置かなくて済みます。
掃除や汲み取りは村人で当番にするより今はカースト最下層かダリットの人を
多めの時給で雇用してやってもらう方がいいと思います。現状は。
つまり3~4兆円はそういう目的に拠出するべきだったのでは。
ただやみくもにトイレを増やすだけではいけません。
まずはそこからというのと,学校や幼稚園でトイレの使い方を指導するのも必要な気がします。
とにかく野グソが当たり前であってはいけない。


まーたんが行くのは北東部のメガラヤと言ってバングラデシュとの飛び地みたいな
ところですがヒンズー教徒が少なくキリスト教徒が多いのですが
田舎なのでマクドやユニクロやスタバのような外資系のきれいな公共施設も
少ないので当然清潔なトイレは少ないのでやっぱり心配ですね。

スポンサーサイト




テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック