FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



機体としてのたっ君の近況 イラン空軍はほんとにトムキャットを使っててビビった
そういえばこないだ機体としてのたっ君先月UAEのカタール
から飛んでドローン(amazonに売ってるおもちゃみたいなやつじゃなくて対地攻撃用の
プレデターっていう無人機。日本人を殺したISISのジハードのジョンを暗殺したのもこいつ)
を警備する仕事中に(ドローンは対空攻撃手段を持たないから現地までは誰か戦闘機が
行きも帰りもついていなければならない)
イラン国境付近でイラン空軍のF14トムキャットが出てきたんだけどね。
もう13年くらい前にアメリカ海軍から退役したけどイラン空軍だけはまだ使ってるのは
知ってたけどほんとにいたとは…
hqdefaulttom.jpg



よく日本の自衛隊がまだファントムばあちゃんを使ってるってきいて海外の人がまじでか?ってビビるのと同じ。
昭和から平成ひとけたのイメージ。トムキャットって。

もちろんたっ君はビビってる場合じゃなくてマニュアル通り航空無線使って,
『危ないから帰ってください!』と伝えたんだけどいなくなったから分かってくれたと思う。
これについてはここに詳しく書いてあるよ。
https://nationalinterest.org/blog/buzz/surprise-us-f-22-stealth-raptor-flew-under-irans-f-4-fighter-83691
最近たっ君はだいぶ落ち着いて航空無線を使って相手に警告を伝えたり撤退を頼んだり
できるようになった。
これも隊長のスパルタ教育のおかげもあるけど一度
現実のたっ君の例のスホーイだけで構成される敵部隊の黄色中隊のF35Sと
航空無線で話したことが自信につながったんだと思う。
以前たっ君はこの航空無線が嫌いで僚機に変わってやってもらっていた。
あるいは敵機だ!やられる!とパニックになってひどい言葉でののしったり泣きわめいてあっち行け
と叫ぶしかできなかったけどたっ君も成長したものだ。


たっ君は戦闘機だけど命令あるまで撃墜はしないし赤外線も当てませんよ。
そうなるまでに航空無線を使って相手とお話するんだけど
今までたっ君はそれが苦手だったわけ。
前にもロシア機がシリアの緩衝空域にきたときにたっ君が飛んで行って
苦手な航空無線を使って『危ないから帰って下さい』と言ったら返事がなくて…
あれは怖かった。
たっ君は航空無線で
『帰って下さい』
と言って相手から
『うるせー馬鹿』
って返事が来た方がよっぽどまし。
1番怖いのは黙ってるやつ。ロシア空軍は大体返事がないし
『帰って』
と言ってもしばらく挑発するように飛んでることが多いし,気持ち悪い。
スクランブルは大体2マンセルで飛ぶからぼっちではないけどいやなもんだ。
(それでも2機以上で飛ぶ場合は足の速いたっ君がポイントマンになる)
そしたら『赤外線当てられたら撃墜体制に入って良し』の命令が出たんだよね。
ああ怖かった。やっぱりロシア空軍は1番苦手だ。黄色中隊も全員スホーイ系だし。
返事はしないわ挑発飛行はするわもうあかん。ロシアは。


今回はイラン空軍だからこの程度の済んだのよん。






スポンサーサイト




テーマ:航空業界情報 - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック