FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



あのさぁ…
いつもたっ君のブログの訪問履歴に更新するなり訪問してくれるアフィリエイトブログが数件あるのよね…
履歴を残せばたっ君が訪問してくれると思った?
無理ですからね。
たっ君はそういうのには塩なんですよ。

ところで音楽で乗りまくってる途中に空爆で家を壊された子供の広告とか
飯食ってる時に国境のない医師団の貧困の子供の番組やるの何なの?
たっ君がサイコパスと言われるかもだけど
たっ君にとって『子供だから』ってのは同情のアドバンテージにはならない。

むしろ子供ってことはほんの少し前に親が産児制限しなかったからだし
働き手が欲しくてたくさん産むけど結局親が働いてなかったり子供が売られたりで
それを分かって下さい!と言われても…たっ君はうーんとなってしまう。

よく野良猫を保護するときに幸ちゃんのように自分でお金を出して面倒見てくれる人には
頭が上がらないけどこんな猫がいるんです!かわいそう!と拡散してるだけでは
猫に興味のない人には素通りされてしまう。

結局野良猫にしても子供の貧困や空爆の話にしても個人にうったかけるレベルよりも
国や大きい団体規模でどうにかするしかないんだよね。

そもそも庶民が束になってかかって『空爆やめて!』って言ったところで
どうにもならない。
ベトナム戦争だってあんだけ反戦騒いでも結局アメリカが消耗するまで終わらなかっただろ。

14日のサウジの石油施設のドローンによる空爆だって
フーシ派のバックにイランが絶対付いてるのは僕もブログで何十回も言ったよね?
じゃあなんでサウジはイランを直接たたかないの?
そのたびにわけわかんない報復の上塗りでイエメンの子供どんどん死ぬよ?


いくら広告でイエメンの子供を助けて下さいって言っても無駄なの。
イエメンイエメン強調するところも間違ってるし。
国境なき医師団ってことはみんな医学部出てるはずだから頭はいいはずでしょう?
なんで気付かないの?

サウジがむかつくやつがいてイエメンとイランがセットになっていて強そうなイランを避けて
弱くて貧乏なイエメンを叩きまくってる間はどうしようもない。
やつあたりと言ってもいい。
たとえばカースト的にスネ夫がどっちかを殴らなきゃいけないとしてジャイアンは怖そうだから代わりに
のび太を殴ってるようなもん。
イランはそんなの痛くもかゆくもないわ。サウジつぶせるならイエメンのフーシ派に多少の小遣いも出すわ。
サウジからの攻撃の盾になってくれるだろうからね。

でもフーシ派も疲れてきてんのかね。イエメンへの空爆を停止すんならサウジへの石油施設への
空爆やめるよって言いだした。
これをきっかけに少しでも消火活動ができればいいんだけどね。
あ,アメリカはイランを悪者にできれば何でもいいのであまりあてにならないというか公平性にかける。
日本と韓国みたいなもん。事実がどうあれ嫌いだから叩きあいしてる。
だからアメリカに関してはほっとく。

あくまで最終的にはイランとサウジの話。
この2つが国レベルでどうにかしない限り片方が消耗しない限りずーっとこのままよ。

いくら助けて下さいって個人に叫んでもしょうがない気がする。
悲しいけど。
助けを求める相手を間違ってる。

アフィリエイターバレバレのブログに絶対訪問しないたっ君に訪問してなんとか訪問してもらおうとしてるのと
同じ。
うったえる相手が違う。


15694849590.jpeg

スポンサーサイト




テーマ:国際ニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック