FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



6期鬼太郎が少しずつ改善されてきている!これからもがんばって!
昨日の鬼太郎のエピソードすごくよかった!楽しかったし感動しました。
1番感動したのは伊吹丸の探しものをみんなで協力している間石動が手を出さなかった事!
それまで石動のことあんまり好きじゃなかったけどちょっと好感がアップした。
石動あんたかっこいいよ!ただのマッチョじゃない!心もマッチョなんだね!
15661281170.jpeg




伊吹丸と石動のバトルも伊吹丸と鬼太郎のバトルもたっ君盛りあがった。
ぐだぐだ陰気なトークが聞きたいんじゃなくてこう言うのが見たかったんだよ!
鬼太郎が下駄をグローブ代わりにして戦ったのが良かった。
ああいう伊吹丸のように加速ができたり浮いてたり
まぁようするに
機動性の高い敵にはあえてリーチのある武器よりも
短くて取り回しのいいグローブ系で身軽に戦うのがいいんだよね。(あ,たっ君の弱点教えちゃった)
伊吹丸もまた石動を殺すつもりはなくて探しものをしていただけなのは
石動を切らずに鞘でビンタしてただけだからあ,殺すつもりはないんだって気が付いた。
たっ君はそういうシーンは目ざといから。
邪魔してほしくなかったんだよね。
猫姉さんが飛びかかったとときも切ったりしないでつかで頭をどついただけだったし。
はじめからむだな殺傷はするつもりがない人っていうか。

そして確かに伊吹丸はまなを拉致したけど傷つけたり暴力は振るってない。ましてや
殺そうともしていない。探しものをするためにまなの能力をかりたかっただけだから
用事が済めば放置していたし。
伊吹丸が本当は悪いやつじゃないのはあちこちに伏線が張ってある。

でもやっぱり村1個焼いたのは大罪だから最後は地獄に引っ張られていった。
また登場してほしいけど地獄に引っ張られたんじゃ無理だろうなぁ。

そのときにさ,伊吹丸が言ったセリフがたっ君と同じ事いってる。
『人間と妖怪は今までもこれからも仲良く共存することはできない,
ほんのすこしのふれあいはあるかもしれないけど。
でも時には殺し合い戦っていくしかないのだから』
って言葉。
これってこないだたっ君が言ってた
人間と北海道のクマ
定型発達者と発達障害
みたいな関係だよね。
僕はこればっかりはしょうがないし当然の事だと思う。
異種族だからしょうがない。
人間と妖怪。
まなや夢子ちゃんと鬼太郎
たまにムツゴロウさんと肉食動物とか
あるいはまーたん・隊長とたっ君とか
そういう少人数間のふれあいはあるかもしれない。でも大きなレベルで見ると
やっぱりこれからも完全な共生は無理だってたっ君は思ってる。



と言うわけでこの夏前から6期の鬼太郎が少しずつましなものになってない?
音楽もrondoも今のうしみつジャンボリーまで鬼太郎の世界観にあった曲ってかんじ。
地獄流しもいい話だったしかもーい!の縄文人もおもしろかったし
ぶるぶるも昔ながらの鬼太郎のストーリーらしくてよかったし大鳥取帝国は好きすぎて30回は見てる。
頑張ってるよ6期。

たっ君が毎回6期の鬼太郎は最悪。いつも期待を裏切る。なんとかしろ。という悪口と励ましが
公式に届いたのかもしれない!
たっ君にとって鬼太郎と言うコンテンツは嫌なら見るなと言う選択肢はないんだよ。
それはウルトラマンも同じ。嫌でもそのブランドのコンテンツを背負っている以上とりあえず見るし
そのコンテンツである限りいくらでも修正が可能だってこと。

と言うわけで6期の制作スタッフさんこの調子で頑張って下さい!
スポンサーサイト




テーマ:ゲゲゲの鬼太郎 - ジャンル:アニメ・コミック


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック