FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たまには考察してみようかな。
ボークスニュースによると造形村のグラスアイがいくつか廃番になって,SD王子の目に入っているGE-17番も廃番リストに含まれている。
手製のグラスアイはものによって追い目といって,不思議なことに正面を見なくても横から見てもどの方向から見ても人形を見ている人の方を向いているように見えるという不思議な現象がある。
これはオカルトでもなんでもなくておそらく光とガラスの屈曲と何か関係があるはずだ。
手作業故の個体差により偶然起こりうる産物なのだろうと思う。
追い目が好きでわざと追い目の眼球ばかりを探す人もいる。
かと思えば追い目なんか怖いから欲しくないと言う人もいる。

ところでうちのSD達は3人とも追い目で,どのほうこうからからかおをのぞきこんでもこっちをむいてくる。
3人の中でもっともその追い目が顕著に表れるのはSD幸ちゃんだ。
横顔を見ても目は必ずこっちを向いている。

おそらくグラスアイの色が薄いからだと思う。

そんなわけで今日はみみさんからご紹介&考察リクエストの『赤い糸』の俊彦ちゃんの動画。
http://www.youtube.com/watch?v=RVU_d1e2TYI&feature=related
こーれーは本当にすごい。
ん?ただの動画だって?
いやいや1分22秒あたりから見てみて欲しい。
『やくそくぅはぁ~』の後,俊彦ちゃんが眼球を一度一回転させる。
生身の人間はまずこんな芸当はできない。
いや,このブログを読んでいま一度やってみたアナタ。
意識的にはできる。でも無意識にはできない。
なぜなら生身の人間は普段の生活で眼球はそんなメカニカルな動きはしない。
物を見る時,眺める時,もっと自然に動く。


ところが俊彦ちゃんの眼球は違う。
どこか機械的で無機質だ。
眼球が回転するときもぐるん,とありえない大きさの動きを,それも一定の規則的な速度。
そして全て無意識だ。
眼球は常に直線的に動き,スピードは一定だ。
人形好き,オートマタ好きの僕にとって俊彦ちゃんの眼球の動きは見ていてたまらない。
本当に俊彦ちゃんは『人形』なのだ。
だから僕やみみさんにとって俊彦ちゃんの眼球の動きや,機械的な体の動きはとても魅力的なものである。
逆にALFEEは好きだけど俊彦ちゃんが苦手とか怖い,という人も実はいるのではないかと思う。
多分その苦手のわけは,人間が人形を怖がったり,追い目の人形を嫌がったりする人と同じだろう。

以前知恵袋の質問にも答えたことがあるが,
「一般の人間は人形を怖がったり嫌悪するのはなぜか」
という質問は僕たち人形愛の徒にとって永遠のテーマなのだが,僕の見解としては,
まず,人形がリアルであることによっていきなり動き出すんではないか。
本来動くはずのないものが動くんではないかという恐怖だ。

次にリアルな人形がもしかしたら自分達のように同じように心を持ち,ものを考えているのではないかという恐怖。
その恐怖をさらに裏返すと,自分もまた人間は万物の霊長でありながら人形と何も変わらないただ単に自分で自分のぜんまいを巻く人形に過ぎないのではないかという恐怖。(この辺りの話は映画innocenseにも出てくるから知ってる人は知っていると思う)

それらが人形への恐怖や嫌悪につながる。

つまりそれを魅力と取るか,嫌悪と感じるかで大きく差が開く。

ただ,俊彦ちゃんの魅力を可とすると否とするかの理由が,人形の魅力を可とするか否とするかという状況は非常に似ていると僕は思う。
スポンサーサイト




テーマ:お気に入りアーティスト - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/09/06 21:19】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック