FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



提供側の想定する消費最大層への商品がくそむかつくわけ。
たまたまSNSで流れてきたんだけどね
ある芸術家が思春期にスニーカーを買いに電車で長距離移動してアメ横に行った。
通りはスニーカー屋さんだらけなのに気に入った靴がなくで
そのときに『結局この中から選ばせられる立場なのかと思ったら、悲しみとも怒りとも言いがたい、吐き気がしてきた。』
って書いててああその時の気持ちすごく分かるよ吐き気するし泣きたくなるよねって思った。
その人は結局自分で東急ハンズで素材を買って今持ってるスニーカーをカスタムしたらしいけど。
その人が言うには『提供側が作る消費最大層への想定』というものが自分に合わないしくせものなんだと。
たっ君もとくに仕事の視察でアウトレットモール行った時に本当にそう思う。
適当にこんな感じでいいでしょ,と中途半端なブランドをこぎれいなだけの雰囲気にして
並べてる。
そういった場所には
シャネル,ヴィトン,エルメス,ヴァンクリーフもなければ
angelic pretty,baby the stars shine bright,metamorphoseもないから
まずたっ君母子が寄りつくことはないけれど

消費最大層への想定を提供側が勝手に妄想して適当に並べているので全てが中途半端でつまらないのだ。

おふくろはバーバリーなんて着ないし(タオルハンカチや靴下は持ってる)コーチなんて持たないし
息子のたっ君だって間違ってもアクシーズファムなんて着ないわけ。
だってアクシーズはロリィタじゃないしたっ君はガーリー系やオタサーの姫ではない。
たっ君はあくまで男性ロリィタだってこと。


これはブランドのレベルの高い低いではなくて…うまく言葉では言えないんだけど
自分の好きな系統というのがあってそのブランドばかり着るから似たようなブランドがあって
アウトレットになってたり流行でもほしくならないんですね。

このへんのこだわりはたっ君とおふくろは似てる。



コンビニもたっ君は大嫌いだ。
想定されて用意された弁当やお菓子は大抵たっ君の口には合わない。
これも親子そっくりだな。
ただたっ君はコンビニは嫌いだけどイオンは大ファンだ。確かにイオンもある程度は想定されて用意された商品が並ぶけど
店内規模が大きい分地域によって違うものがあったりお弁当も種類が選べるしトップバリュの安い物もある。


海外はどうなのか分からないけど日本は少なくともこの提供側が想定して用意された少ない選択肢から
選ばされてきたものが多い。
音楽なんかもそうだよね。
たっ君は日本の音楽が(あくまでたっ君にとっては)ダサくて嫌いでドイツやイギリスの曲ばかり聞いてたんだけど
それらにアクセスするのも大変だった。
でも今はi-tunesもyou tubeもあるからその日のうちにルーマニアのアーティストの新曲が聞ける。


日本の芸能人だってたっ君好みの顔の子なんて全然いなくてこの子が可愛いです!美人です!と言われても
ごりおしされると『ハァ?』という感じで腹が立つし。
たっ君から見たらその子よりもデイヴやインペリたんの方がよっぽど100億万倍可愛いし足長いしスタイルいいわ!
って言いたい。

でもたっ君ほど極端ではなくごく普通のたっ君のままごと盟友のあっこさんも以前コンビニで
たくさん買い物をしたからとAKBのファイルをもらったが誰が誰だかわからないのにこんなものもらっても…と
いらないと言ったのにマニュアルらしく受け取らされて困ったそうだ。
つまりそういうこと。



バービーだって昔は日本じゃ白人バービーしか買えなかった。
これも提供側の勝手な妄想で肌の黒い子は売れないかもという思い込みだ。
しかしたっ君のように肌の黒い子を待っている場合もある。
今はamazonのおかげで1年待てば
普通にプライムで現行商品の黒人やヒスパニックのバービーが買える。
ぢゅん子さんも普通に日本のamazonプライムで買えたし。
15612577880.jpeg

アニメだって英語圏なら普通に放送しているショップキンズも日本はなかなか新作が始まらない。
英語の分からないたっ君が無理してyou tubeで英語版を見ている。


つまりこういう提供側の想定した消費最大層への提供から外れてしまったたっ君のような人達は
だまってはいるけどほんとうはすごくいらついていてくやしくて。
ノイジーマイノリティとして主張してるんじゃなくて…自分の感性にこだわりがある場合はね,
こういうことがあるんだよ。
スポンサーサイト




テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック