FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たっ君コードについて
たっ君は『今まで一度も火垂るの墓を見たことがない』と言ったら周りの人間に
驚かれました。
実はこれには理由があって
たっ君は宜保愛子の番組は面白いので見る,と言っていたが
世の中にはたっ君コードというものがあり,
たっ君のアビオニクスにとって有害な映像や書籍はシャットダウンされる,というものがある。

宝塚のすみれコードにちなんでたっ君コードと呼ばれている。
どんな作品がたっ君コードに引っかかって除外されてしまうかというとたっ君のブログの読者の方なら
大体想像がつくが
『ジョニーは戦場へ行った』
『ああ野麦峠』
とかあの辺の作品といえば見当がつくだろう。
ドキュメンタリーの『知ってるつもり?!』もテーマによってはコードに引っかかった。
当然火垂るの墓もぶっちぎりで含まれる。
はだしのゲンは微妙なところだがなるべく近付かない方がいいらしい。


たっ君コードの始まりは中学の社会の授業でああ野麦峠を見せられたたっ君が
自分も売られて殴り殺されたらどうしようと数日ひどいトラウマになってひどいパニックを起こしたからだ。
歴史的事実だとか勉強になったかどうかよりもたっ君へのダメージが大きすぎた
ので普段はあまりそう言うことに無関心な親父が
『学校はなんてものを見せるんだ!限度がある』と苦言を言ったくらい
たっ君の数日間にわたるダメージが大きく何日もたっ君はおびえて震えていた。
井上ひさしの『握手』でもパニックを起こして泣きわめくたっ君だから仕方がない。


小学校の時クリスマス会で『風が吹くとき』という原爆をテーマにしたアニメを見た時に
途中でたっ君は嫌な予感がして目をそらしてみなくなった。
でも同じ作者のさむがりやのサンタはお気に入りの絵本だ。




たっ君は視覚優位のためにアニメーションや映像から受ける影響は大きいだけに
ショッキングであればあるほど勉強になるどころかたっ君にダメージを与えてしまう。
このことはまずご理解いただきたい。
そのショッキングとは見た目のグロテスクさよりも史実だったり精神的にくるものが
苦手なのだと言う事だ。
その証拠にかの有名な『血肉の華』や『悪魔の毒毒モンスター』や『人肉饅頭』は
たっ君コードには引っかからない。
また,史実の事故に関する『墜落遺体』は事実を簡潔にまとめた報告書で
たっ君コードにはひっかからないが,吉村昭の『総員起こし』はぶっちぎりでひっかかる。
あとは救いのない鬱作品は120%引っかかる。
それとよく分からない気味悪い陰謀論や都市伝説もだめだ。



そうやってたっ君は自分のメンタルを守って生きてきた。
でもたっ君の癖や症状を知っている人達ばかりなので『見た方がいいよ~』とは言わない。
たっ君はトトロですら不気味でおびえてしまうのだからせいぜいカリオストロと紅の豚でも見せておけばよい。


中学の頃,塾の英語の授業で字幕映画を見ようと言う事になって
チャイルドプレイが決まった時
人形を愛するたっ君がそんなものを見たくなかったので
塾を休む代わりにその日は家で家庭教師の先生とみっちり数学と理科(同じ理科でもたっ君の
不得意分野の化学の方)
の勉強をすることを自ら申し出て
そうした。
おふくろも家庭教師の先生もたっ君コードの存在とたっ君が人形が
好きで人形が悪者になったり壊れたりするのを見るのは好まない事を知っていたので
事情を話すと納得してくれた。
実際たっ君はその当時からいつもお気に入りのジェニーやバービーを手放さなかったことや部屋中人形だらけ
だったので家庭教師の先生も気付いたのだろう。
嫌いな映画を見るくらいな嫌いな化学と数学の勉強をした方がましだったのだ。


それ以降でも
普段たっ君に無関心の親父だがこの件に関しては敏感と言うか気にかけてくれて
『見なくていいものや精神的ダメージが大きいものは見てはいけないあとあとひきずる』
という。
実は親父も若い頃『Uボート』と言う映画を見てあまりのストーリーの救われなさに
ショックで数日引きずったからとのこと。



うーん,やっぱりたっ君コードは必要だね。

だからたっ君を知っている人達は火垂るの墓を見たことないたっ君に
『なんで見たことがないの』
『みた方がいいよ!』
とは言わなかった。
みんなその後に起こるパニックや泣きわめいて過呼吸やらそこから誘発される喘息
最悪熱を出して寝込むかもしれない事
についてどんだけめんどくさいか知っているからである。

0601191a.gif
スポンサーサイト




テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック