FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



中身まんま男のたっ君が一生女形を続ける誇り
たっ君は人生の半分以上女形をやってきた。
戸口をふさぐくらいにパニエで広がった服に頭全体を覆う巨大なボンネットはもはや僕のトレードマークだ。
レースとリボンとフリルに埋もれて僕は生きる。

といってもたっ君は中身はしっかり普通の男性だし男らしいと言われるのが好きだ。
お兄ちゃんやEMIRUちゃんにあこがれてこうなった。
実際この2人は女形だけど中身は普通の男性だし平均的な男性よりずっと男らしい性格だ。

あと女好きのスケベ男ほど女形に向いている,と言われる。
これは女性経験が豊富で色んな女性を観察しているからだと言ったのは梅沢富美男大先生。
僕が女形になる少し前,子供の頃梅沢富美男先生の動画を見てかっこいいこんなふうになりたいと
思っていたらおふくろが『すっぴんは普通のオッサンやで』と言ったけどすっぴんやもともとの
体型なんて問題ではない。
いかにお芝居のように美しい女形を演じられるかだ。
そう言う意味では梅沢先生は本当に美しいと思った。

もっと古い記憶はさらばわが愛のレスリー・チャンの蝶衣だ。
蝶衣は京劇の男旦(女形)だった。


ただやり始めの頃はあくまでお兄ちゃんのまねっこにすぎなかったからお兄ちゃんが女形をやめて
男の姿に戻ったら僕もゴスロリをやめるかなー,それまではやっていたいなぁくらいにしか思っていなかった。
しかしお兄ちゃんはその後すぐに女装をやめ,ゴシックではあるが男性の姿でステージに立つようになった。
が。僕はゴスロリのままだったしその頃にはやめる気がなくなっていた。

20代半ばのときにおふくろから
「いつまでゴスロリ(女形)を続けるのか。最後に好きな衣装を仕立てる金を出してやるからそれを着たら
引退するか?」
と聞かれたが僕は黙っていた。
おふくろはとにかく金はだすから僕に女形をやめてほしかったのかもしれない。
でも僕はロリィタであり女形であることは自分の誇りになっていたし一生これを続けるんだなと言う予感は
その年頃にはすでに確信に変わってきていたので返事はしなかったしおふくろも二度とその話は持ちかけてこなかった。
どこかであきらめてくれたのかもしれない。

親父も最初は文句を言っていたが最近になってたっ君が高級会員制ジムのカタログを
見ていると
「そんなんやるくらいなら
ドレス(親父はジャンパースカートやワンピースも含めてたっ君の服をドレスと呼ぶ)なら
買ってやるからやめてくれ」
と言ったときびっくりした。

少しずつ女形のたっ君が受け入れられて来ていて少し嬉しいんだ。


僕は歌舞伎役者や京劇の男旦ではないしドラァグクイーンではないが1人の女形として長年積み上げてきた
自分なりの譲れないフィロソフィーのようなものは持っているつもりだ。
たまに嫌な気持ちになるのは普通の女性がたっ君のドレスやメイクを真似すれば
たっ君以上に綺麗になってみせるだって私は女だから男より
肌もきれいしスタイルだっていいんだからと思いこんでいるマウンティングだ。
僕は綺麗ごとなしにそういうのクソむかつくんだよ。
そもそもたっ君のメイクは女性向けではなく男性がやる女形メイクであり全く別物だ。
実際僕に話しかけてくるそういう子はたっ君は嬉しくない。



女形は女性(もともとの女性も性転換して元男性の女性も全て含まれる)ではない
中身がまんま普通のというか男らしい筋骨隆々のたっ君がやるから意味があるのだ。
当然僕は胸に詰めものをしたり女性らしいボディラインに見せる細工はしない。
そこが今流行りの女装男子と違うところ。
むしろ筋肉をアピールしてやるし筋肉を褒められると嬉しい。
ましてやたっ君は下着はつねに普通の男性もののトランクスしかはかないし
女性物の下着なんて恥ずかしくて触りたくもない。
ストッキングやタイツは絶対履かないから足元はいつもハイソックスだし。
ドロワーズで隠れる部分の膝の毛は
放置だったりする。
だからドリフの女装コントや矢島美容室レベルとそんなに変わらないのかもしれない。

そもそも僕はみだりに肌を露出する服は着ない。
ワンピースやドレスの丈は短くても膝上にとどめているしそれより短いワンピースのときはドロワーズを腰パンにして
膝を隠している。
でないと品がなくなるしなんか汚い。
あくまで男性が演じる女形ということに意味があるのだから,『あれ男か』『やっぱり男じゃん』
とすぐ気がついてもらって問題ではないしそうでないと困る。
それは僕のお兄ちゃんも同じだったしむしろお兄ちゃんは海外のファンに女に間違われるたびにいちいち憤慨すると言う
よく分からない人なのだが僕はその気持ちがすごく分かるんだな。


15589418190.jpeg


スポンサーサイト




テーマ:ロリィタファッション - ジャンル:ファッション・ブランド


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック