FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



罪人のようにさらし者にされたトラウマ
たっ君はfalloutでもカルマはいつも善良(そりゃマイクロフュージョンセルと充電パックほしさにフィーンド殺しまくってるからだろ)で、
メガテンは気を付けないと極端なlaw寄りになってしまいます。
ディスオナードシリーズは100%不殺で、テイクダウンときどき麻酔ボルトです。
たっ君は子供の時から『いい子』であることを強く望まれました。
人の悪口は言わず、いじめもせず、反抗期もなく、真面目な子でした。
それでも学習障害のために立たされたり教室から放り出されたり他の児童の前でさらし者にされていました。だから余計にいじめられました。
いじめっこや暴れる子ではない、おとなしく生きているだけなのに。
僕はさらし者にされるときはまるで無実なのに首枷をつけ、市中引き回しにあったような気分でいました。
僕は誰かを傷つけたり騒音を出したわけではないのです。ただ、字が汚いとかテストの点が悪いとか漢字が書けない、給食を残した、というあくまで他者が介在しない問題なのです。(感覚過敏と字が書けない障害に当時気づいていれば)
ちょうどそのときたっ君はお気に入りの本があり、集英社のキリストの漫画伝記で、イエス・キリストの生涯を脚色や賛美でもなしに淡々とした歴史漫画として描かれているのですが、この本は全く同じものがまだamazonプライムで売っているので良書として増刷され続けているのでしょうね。
15586616330.jpeg


その中に罪人と一緒にはりつけにされるキリストは原罪を背負ってとか、自ら望んで、とかそういう宗教的霊的な描写はなく、ただ、釘をてに刺されて痛いと思ったり、他の一緒にはりつけにされた罪人におめーは何をやったのよとうざく話しかけられてチッ、ウッセーな、と思ってたりあくまで人間イエス・キリストって描写でしたね。
それをみてああ、この人僕と同じだと思ってしまったのです。
僕は親の教えを守り、真面目に生きているのに暴れたり迷惑をかける問題児達と同等にさらし者にされる。
これが中学まで続きました。
高校はたっ君の癖や特徴を把握して漢字や英語の書き方を教えたり、
食べ物も毎日食べきれるだけのおむすびを子供用のセーラームーンのアルミの弁当箱に入れてくるだけだったので僕はやっと罪人扱いされずに済みました。
また、高校は義務教育ではないし、私立だったのでいじめっこがいないし、落ちこぼれや不良がいないので環境は良かったです。落ちこぼれたら即退学ですし。
その後たっ君は底辺だけど浪人も留年もせず某理系の大学を卒業しているので漢字が書けない、英語分からない、でも一芸(たっ君なら理科)があればどうにかなるというのは証明できました。
免許だってゴールドで、警察のお世話になったことすらない善良な市民です。

今のたっ君ならさらし者にされたところで逃げ出したり開き直るくらいの強さがありますが
子供のたっ君は本当につらくてどうしたらいいのか身の置き場がなくて、
つらかったです。最近学校では教師の体罰がうるさくなったぶん、そういった児童をさらし者にする処罰をする教師が増えたときいて、
たっ君はかつての自分を思い出して胸がチクチク痛むのです。
スポンサーサイト




テーマ:小学校 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する