FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



マンホールの中の人魚はグロじゃなくて純愛だ
たっ君は海や水族館が好きだからイルカや人魚モチーフのアパレルや雑貨をたくさん持っている。
その反面人魚にはどこかグロテスクなイメージもまた付きまとう。
昔の子人がたまに打ち上げられるマナティーやクジラの
死体を人魚と間違えたことを連想してしまう。
また,下半身が魚だから食べられるかもというのもあり,人魚の肉を食べると死なないと言う伝説で
殺され,体を食いちぎられた姿を想像してしまうのだ。ゲームのサイレンもそんな物語だった。
そんなイメージがどこか無意識のうちに僕にあるので,意識しなくても
まーたんのワンマンが夏にあったときにたっ君はお気に入りのprettyの人魚のワンピースを
着て行ったけどメイクはロリィタらしいものではなくあえてマンソンのようなカラコンにして顔半分を
ラインストーンでうろこが張り付いた感じでちょっとグロい雰囲気にしてみた。
まーたんからは何も言われなかったけど最近になって隊長から「あれはなんだったんだ?」というご指摘も受けたっけ。

でもまぁたっ君は人魚が好きででもどこかそこにはグロテスクなイメージもあったので少し前にポーランドの
人魚の映画を見たけど音楽とオチはすごくよかったし人魚=グロテスクな姿かたちとイメージも
すんなり受け入れられたし同じようなこと考えているのは他にもいるんだなぁと思った。



で,たっ君はその他にもマンホールの中の人魚と言う日本の映画があることを知った。
ここだけの話,つべで全編見られるよ。
気になった人はつべでMermaid in a Manholeで検索したら完全版ある。


僕はオチを聞いてから見たので演出やせりふまわしにもじっくり考察しながら見ることができた。
見終わった感想は,ああこれは純愛の映画だなと思った。
世間ではスプラッターホラーのイメージが強いけどたっ君には一つの恋愛映画のように思えた。
登場人物が少ないからストーリーが分かりやすいしVFXのなかった時代にここまで気合の入った特殊メイクは
感動しかないのもあるけど,やっぱりこのストーリーが美しいよね。
これは決してグロテスクなだけの好事家向けのカストリ映画ではない。

僕は子供の頃人魚を拾って来てバスタブで飼ったらどうだろうと考えていたけど…
他にも考えていた人いたんだね。

この映画の人魚は水質汚染で発見されたときから体に腫瘍を患っていた。それを助けようと
主人公の画家は嫁に出て行かれたばかりで
家に連れて帰ってバスタブで飼いながら絵を描くんだけど
薬や食べ物ではどうしようもなくなってくるくらいに病気が進行して腫瘍が大きくなって
そのうち腫瘍から色んな色の膿が出て人魚は私の体の膿で絵を描いて下さいって
言うからその通りにするんだけど…画家も人魚が大好きだから看病はするんだけど
人魚は私に気にせず絵を描いて下さいっていうやりとりを繰り返す。
当然病気は悪化するし腫瘍はどんどん大きくなるし膿は出るし傷口に虫がわくし髪の毛は抜けるし…
でもに人魚はなかなか死なないし…画家は死んでほしくなくて絵を描きながらも必死に看病するし。
そんな話。
膿の絵具にするというのはこの監督である日野先生の蔵六の奇病で読んだことがある。

で,実は僕も一度高校くらいの時に膝から血が出て
なんとなくそれをつまようじですくってペンの代わりとし絵の具にしたことがある。当然軽いけがだから血の量が
足りないのだけど何より好きな色じゃないから二度としなかった。
絵を描く者にとってようするにそれが自分の血だろうと絵の道具にしてしまうのだ。



とはいえこの映画たっ君が中学くらいの頃に見てたらもっとはまっただろうな。
…たっ君はこの画家の気持ちがよく分かるしああ純愛だなぁって思っちゃうんだよね。
たっ君がスマホで好きなアーティストの写真を撮ることには興味がなくて絵として描きたいという思いがあるのと
よく似ている。
各アーティストのお誕生日には持っている写真じゃなくて自分で絵を描いて載せるのもそうだ。
そしてなによりも
僕の感情表現は言葉や音楽よりも絵を描く事だからというのがあるから。
だからこそこの画家が必死に描いてる気持ちも分かるし。
僕はちやほやされたくて絵を描いてるんじゃない。
感情や情報の伝達手段と言うのが1番大きな理由だ。
だからこそ僕は絵を描くことは呼吸と同じなのだ。描けなくなる=死を意味する。

描かないと画家の精神は崩壊するし描いてもらわないと人魚のアイデンティティも崩壊する。
描く,描かれる共依存になることでしか2人は命を保てないし前に進めない。
よーく分かる。



どうして人魚はいつも食いちぎられたり殺されたりする搾取される役柄が多いのだろうか。
モチーフとしては大好きだがそれが残念でならない。
15585168500.jpeg

スポンサーサイト




テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック