FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



転職広告の多さとふにゃちんふぬけ玉無しメソッドの流行について
僕は最近転職や就職サイトの広告がとても多くてうんざりする。日本は国民に転職をしつこく促して何がしたいのだろうか?理由がわからなくて不気味に思えないか?

僕はもちろん転職をすべて悪ととらえているのではない。
健康や命に関わるなら今すぐに逃げなければならない。
しかし、たんにつまらないとかやりがいがとかふわっとした理由でやめてはいけない。ましてや次の仕事も決めていないのならもっとやめてはいけない。

たっ君は最近一部のスピリチュアルや心ナントカセラピーにはびこる『諦めて楽になりましょう』『楽になるために名誉も肩書きも過去の努力も大事なものを捨ててもいいじゃありませんか』と言う根性もやる気も全否定するふにゃちんふぬけ玉無しメソッドが許せんのである。
まぁ、許せんのはお互い様でしょうがないが、危惧しているのはもしかしたらその人に才能やセンスやポテンシャルがあるかもしれないのに強制シャットダウンさせてもったいないことをしたり、最悪その人と家族が路頭に迷うことになる。家族を巻き込むのがどれだけクソかは昨日書いたので遡って読んでもらえばいいが。


以下はある友人とたっ君の会話(2人ともしらふ)
奴『会社をやめようと思ってるんだ。嫁さんはそんなにしんどいならやめてもいいよといってくれた。うちの会社パワハラがひどくて』
たっ君『何かされたのか?』
奴『いや、社長がずっと怒鳴り散らしてる』
たっ君『お前をターゲットに怒鳴り散らしてくるのか?』
奴『いや気に入らないことがあると1人で怒ってる』
たっ君『じゃあやめちゃダメだ』
奴『えっ、背中押してくれないのか』
たっ君『お前正社員だろう。この仕事好きなんだろう』
奴『そうだよ。俺の好きな業界だ。最初はアルバイトから入ったけど何年もがんばって正社員になれたんだ』
たっ君『だったら続けるべきだ。いや続けろ。お前は好きな事、正社員としての社会保障と給料、全てを捨てようとしてるんだ』
奴『でも社長がずっと怒鳴っててつらい』
たっ君『(じゃあなんでアルバイトのときにやめなかったんだよ。今まではずっと平気だったってことだろうに)嫁さんは何て言ってる?』
奴『やめてもいいよって明るく言ってる。俺達は子供がいないししばらくは休んでても養ってあげるて』
たっ君『(女性は相手のために本音を我慢しやすい)お前今の家は…』
奴『あ、そのことなら賃貸だからローンはないよ』
たっ君『ふーん。俺はやっぱりやめるのはだめだと思う。もう一度やめるかどうか嫁さんときちんと話せ』
それから数日後、たっ君にメールが来て、
奴『やっぱり退職しました』
たっ君『(目玉ポーン)そうか、しっかりやれよ』
奴『倉庫内作業のパートをしていてパワハラもなくみんなも親切です』
たっ君『(やめてすぐにバイトとはいえ再就職したのはすごいな)』
しかし、その後もそいつはなんやかんやとそのバイトをやめてまた別なところへと繰返し、今もその状態が続いている。
正社員の嫁さんの収入が中心で家計がなりたってはいるが、なぜか嫁さんに家事や買い物は全部任せたままとのことだ。悪びれもなくたっ君に言うあたり、自分はそれでいいのだろう。こんな状況でも家事や買い物は女の仕事だと思い込んでなにもしないのだから変なプライドが残ってんのかしっかりしろ。嫁さんのパンツを洗濯して干すまでやるくらいの気概すらない。
リア友ではあるがどんだけ玉無しだお前。
上記の自分が楽になるために『あきらめましょう』『手放しましょう』『投げ出しましょう』教にさらされた結果、心が楽に楽になるのと引き換えに経済や仕事は不安定になってしまったのにあきらめたり投げ出しぐせがついて何も続かず、腑抜けになってしまった。
こうなることを恐れたからたっ君はあのときやめるな、とそいつの肩を強くつかんで言ったんだ。
このまま『あきらめましょう』『手放しましょう』がエスカレートして嫁さんも手放すことになってもしょうがない。
実際そいつは確かに性格が温厚化したが顔にまでしまりがなくなってしまい、ふにゃちんのふぬけになってしまっている。

人間は安心を覚えると変化したがらないので安心安定するためなら大事なものを手放してしまったり本当に好きなものをあきらめてしまったりする。それが命だったり家族だったりしたら?危険じゃないか?
ただでさえ日本人はマッチョイズムや運命は自分で勝ち取る意識がないのにさらにふぬけになってしまうし、このふにゃちんふぬけ玉無しメソッドに飛び付きやすい。
最近はこの玉無しメソッドがはびこることと
我慢しないで転職しましょうとやたらすすめる転職広告の多さの裏に何か気持ち悪い裏があるのではないかと疑ってしまう。
個人の生産性を低下させて喜ぶ何かがいるような気がしてならない。

15559937610.jpeg
スポンサーサイト




テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する