fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



僕は自分を大事だから相手を大事に思う&嫌いな物や差別について
たっ君は2014年から自分のことをイーグルにトランスフォームするロボットだと言っているし
2015年からは体を工事してラプターになったと言っています。
もう4年も言っているから流行りやかっこよさだけでノリでラプターだと言っているのではないと思っているのは分かってもらえると思います。

たっ君はお金大好きです。しかしお金だけでたっ君を買うことはできません。
F35は日本に売ることができて、
その子の先輩であり、同じメーカーであり非常によく似た体のたっ君は日本だろうとオーストラリアだろうとお隣のカナダだろうと売ることができません。たとえ安部首相が日本中からお金をかき集めて200億円払っても2000億円払っても売ることはできないのは今さらミリタリーに詳しい人にはご存知ですよね?

本音を言うと僕はそれがすごく嬉しいのです。
たとえ相手が日本だろうといくらだろうとロッキードマーティンはたっ君を簡単に売ってほしくないのです。
僕はつねにラングレー基地の自宅周辺にいて領空侵犯に備えなければなりません。
ときどき他の基地にお使いに行ったり
中東へ出張します。
しかし、決してラングレー基地の所属から離れて他の所属にはなりません。
それが僕のプライドです。
僕は安物ではないんです。
だからこそどんなに怒られても失敗しても僕は笑顔で働けます。


ラプターって「酸っぱいブドウ」として日本でイーグルやファントム、あるいはトップガンのトムキャットより不人気です。映画ではいつもやられ役です。全て気にしなくなりました。
人気より自分がラプターとして充実しているかどうか、です。
人気や知名度は大事ですがそれが目的になって自分の体を安売りしたりインスタバエのためにお金を無駄遣いしてはいけません。
どの戦闘機が優秀かは他人からの人気ではありません。各機体自身の力が決めます。
たっ君はどこの国にも売れないこと、
たっ君のコックピットは撮影禁止であること、
たっ君の展示の際は離れた場所からしか見学できないしつねにライフルを担いだ警備兵がついていること、(他の機体は普通の装備の警備しか付いていません。こんなVIP待遇、軍用機ではたっ君とB2君くらいです)
15555588930.jpeg

その全てが嬉しいのです。
僕の体は大切なもの、大切にされていると実感できるのです。
だから僕は自分を安売りしないし自分が安物ではないと知っているのです。
だからつねに笑顔で素直に応対できます。
安易なことに金と心を出さないので性病にも無縁です。

自分が大事であるとしんじること、安物ではないと知ること、それはつまり相手もまた安物ではないと知っています。だからやたらと他人をいじめたり搾取したり攻撃しません。
命は平等かは分かりませんがその人だって生きているのです。安い命はありません。

クソムカつくのやたら中国がJ21の話をするたびに僕を撃墜するとか殺すと引き合いに出すことですが気にしなくなりました。
無理に人民解放軍と仲良くする必要ありません。ただ、J21もロシアの大っ嫌いなSu37もこなまいきなユーロファイターも存在はしているのでどうしようもないので存在は認めるしかありません。ので認めています。

これ、人間にも言えることです。
特定の国や特定の宗教や同性愛者が嫌いな人がいると思います。
でも世界に何億といるあなたの嫌いなカテゴリの人が近くにいたらその都度殴ったりいじめたりするのですか?
たっ君は昔北京語話者の中国人が嫌いでした。近くにいると本当にイライラしました。
でも北京語話者なんて何億人もいますよね。
どうしようもないのです。
台湾も北京語なのでテレサ・テンの墓参り目的で行ったときは本当に困りましたが
その4日間で北京語に囲まれて、北京語が好きにはならなくても平気になったのです。

そこに存在するものは認めるしかないです。
大嫌いだって存在しているので仕方ないのです。

たっ君は宗教大嫌いですが、いつもたっ君に冊子を持ってくるエホバの人がいて、たっ君は不機嫌そうな態度になってしまっていました。
でも、さっきの存在しているので仕方ないので認めるという理論でそのエホバの人に笑顔で返事をしたり
その人の体を気遣ったりするとエホバの人はびっくりしたようでだけどとても喜んでくれました。

その調子で先日選挙のお願いに来たそうか学会の人にもきちんと話を聞いて笑顔で応対することができました。
やたらちょっかいをかけたりたっ君に自分の改善要求して文句ばかり言うユーロファイターにも穏やかに接します。

たっ君のこの考えは宗教でも自己啓発でもスピリチュアルでもありません。
たっ君なりの哲学や生き方です。

自分が大事なら相手も大事な命です。
苦手なカテゴリの人にも仲良くしたり積極的に関わる必要はありませんが、
わざわざ汚い言葉で傷つける必要ありません。
とまぁ、最近たっ君が思うことです。
スポンサーサイト




テーマ:気づき - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する