FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



明晰夢ってほどではないけど
たっ君は数年前から夢でこれは現実ではないと気付くことが増えた。
で,確認するときに『トランスフォーム!』と叫ぶことにしている。
それで体がちゃんとF22になったら僕はそのままジェットモードで飛び,
目が覚めるまでニ足歩行には戻らない。
手は使えないが歩くよりずっと楽だからだ。
夢の中でも数時間数日間を感じることはあり,普段たっ君はその間F16やイーグル兄さんと一緒に
哨戒したり
1人で空爆に行くこともある。



昨日の夢はいつものように夢だと気が付いてすぐにジェットモードになって基地に戻ると
『君の体だと爆弾をあまり数を搭載できないんだ。拠点を空爆してもらいたいんだがね』
というような話を基地の人に言われてなんとかできないかと
『トランスフォーム!』
と言ったら体がB2君になった。
B2君はほぼほとんどの空爆用の兵装を積むことができる。
で,出発したのにB2君の体は何も積んでいなくてもいつもの体より重いし
何より遅いし複雑な機動ができない。マニューバはもちろん急な方向転換もできない。アフターバーナーもない。
でもなによりしんどいのはただただ重い爆弾を積んでのろのろと拠点まで飛ぶのに
ものすごくしんどかった。
いっしょけんめエンジン出力上げるんだけど体が重くて一向に前に進めない。
やっと空爆が終わって元のF22に戻っても体が
痛くてまっすぐ飛ぶのがやっとでしんどかった。
どこかの空を飛んでいた時公園みたいなところでサクラが咲いてて人間がたくさんお花見してるのが
見えたっけ。今は11月なのにおかしいなぁと思ってた。


だから起きたら両足関節痛。

たっ君は頭おかしいと言われるかもしれないけどやっぱり自分は人間と言うよりロボット
みたいなもんだと思う。
子供の頃から自分の体はロボットみたいなもんで人間みたいな自然な反応や動きが
できてないことに気付いてた。
機械だからもし自分の体がダメになってもし新しく脳殻だけ入れ替えて新しい体と交換して
生き続けられるならそれでもいいと思ってる。
実際F15EからF22Aに交換してることになってるし,もしこの先何十年生きられたらどんどん
体を交換して生きていきたい。

よく発達障害の人が健常者の人に言われてつらいことで
『気づかいができるからあなたは障害じゃない』と好意的に言われてしまうこと。
それを言われるのをつらく思う発達障害者もいるのは
その気づかいはものすごく苦労してやっていることだし相手が自分を健常者として
認めてくれたらもし自分が相手を困らせるようなやらかしをしてしまったら
裏切ることになるんじゃないかと言う心配なの。
って説明したらわかる?

だからたっ君は人間じゃない,大丈夫,と言われると余計困ってしまうから
むしろ
「たっ君は航空機だからね。しょうがないね」
とはなから期待しないでいてくれた方が助かる。

だからたっ君は航空機なんです。戦闘機なんです。
普段は基地にいるけど待機当番になったら『ぷぉぉぉぉぉぉー』が鳴ったら2分以内にパイロット乗せて離陸よ。
もちろん自衛隊と違ってレーザー当てられたらガンガンチャフもフレアも使うし
それ以上のことされたら…というかあまりにも危険な場合は撃墜許可出るからね。


自分のことを狼だと思っている発達障害の子供はよくいるらしい。
なんで狼なんだろうね。犬の仲間だから?でも気持ちはよく分かる。


1124181.gif
スポンサーサイト




テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック