FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



台風の『観測史上最大』は北朝鮮の『無慈悲』やフランスの『100年に一度の出来』と同じ
ただいま省エネモードでお送りしています。
台風が近づくとどんどんたっ君が省エネモードになって絶食日の虎になりますが
遠ざかっていくと元気になります。

ですが今もずっと仮眠ベッドでじっとしていたのですが『ん!』と気が付いたのですがこの
最近の過熱化する台風の報道は何かに似てると思ったら北朝鮮のニュースなんです。
台風で『非常に強い』とか『観測史上初』とか『かつてない』とか言う
恐怖をあおる報道って北朝鮮中央テレビの
『無慈悲な攻撃』とか『史上最悪の』と一緒じゃねぇか。
もっと言うならばフランスの
『100年に一度の出来』とか糞とか何とかいうボージョレヌーボーのキャッチコピーというか。
それに気付いた!

そう思うとみんなにそれを伝えたくなって省エネモードに鞭打ってがんばってブログでしゃべってる。
なぁんだ,こいつらメディアのやってることは
北朝鮮やフランスのワインと何の変わりもねぇんだ。
そうかそうか草加せんべい。

それなのに昨今の過熱報道で何かあってからでは困るとビブレが晴れてるのに閉店してたり
スーパーで前日に買いだめするアホウが出るのかよーく理解した。

もちろん岡山や大阪の豪雨は大変だった。
僕自身もメーカーの荷物が動かなくて困った。
赤米イベントの市長さんも半べそでつらかったこと語ってた。
でもだからといって不正確に不安をあおったり帰って混乱を起こすくらいことを大きく騒いでいいわけじゃないよな。
そしたらそのモヤモヤを同じことを語っている人がいた。
最後はなぜかNHKの悪口になってるのが笑えるけどそれ以外は大体いいこと言ってる。
台風やたっ君のように人間のソワソワが怖い人はこの人の話を聞いてほしい。
声も聞きとりやすいし分かりやすく説明してくれるぞ。






じゃあなんでこんな不安をあおるような報道をしているのか。
視聴率がほしいからというのもあるけどメディアの都合だけじゃなくてもっとマクロな人間社会全体で
見ると
人間は誰かの情報を受身で受け取って不安になったり悩んだりしている方が
自分で行動するよりずっとラクだから。
もっというなら報道だけじゃなくて毎日ブチ当たるこまごましてた問題に対しても自分で何とかしようとか
行動したり調べたりするよりなにかのせいにしてじゃあしょうがないよねと言ってしまったり
どうしようかと立ち止まっている方がラクだから。

病的に不安が強くてガンガン薬漬けにされてるたっ君だから気付いたことだよ。
そもそもたっ君はなんで病的に不安が強いかというと何かがブチ当たってきたり起こっても
立ち止まらずに勝手に自分で判断して動き回ってしまう。
そのせいで当然失敗も多い。結果それらがトラウマになってマタ失敗するんじゃないか怖いことが
起こるんじゃないかと思うわけ。
でも同時に病的な多動もあわせもつからやっぱり立ち止まって悩んだりはしないわけ。
HSPと発達障害の多動を併せ持つ人はそうだと思う。
だからこそ不安で悩んだり止まったりすることは一種のラクをしたり逃げでもあるんだよね。
でもあえて今はそれがいいことか悪いことかは別にしておくね。
楽はしてもいいしそれが結果いい状況をもたらすこともある。危険を回避したり力をためこむこともできるから。
でも意図的に不安にしたり立ち止まらせたり
というのはやっぱり悪質だと思うんだ。



0930184.gif
スポンサーサイト




テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック