FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



岐阜市の病院で熱中症でお年寄りが亡くなったのは殺人容疑で正しいのか?
岐阜市の病院でお年寄りがエアコンが壊れたことで4人熱中症で死亡したことについて
https://mainichi.jp/articles/20180829/k00/00m/040/136000c
いくらエアコンが壊れてたとはいえ
業務上過失致死ではなくて殺人容疑ってキツすぎない?


確かに相部屋で扇風機1個だったらこの暑さじゃ死ぬかもね。
扇風機増やせなかったの?
修理がすぐにできないくらいこの病院が困窮してたの?
だったら業務上過失になるだろうけど…殺人容疑ってことは…意図的にお年寄りを
殺そうとしたことが考えられると警察は見ているの?
警察は少しでも事件の証拠を集めるためにと説明しているがちょっとおかしい。

そういえば少し前にも動けない病院のお年寄りが連続して殺されることがあったよね。
こういう痛ましい話を聞くたびに思うんだけど
物言えない逃げられない寝たきりのお年寄りや障害者,あかんぼが虐待や殺害のターゲットに
なることが増えた。
けど今回もそれと同じだと言うのか?

ただ,前回の点滴の殺害にしてもやまゆり園の連続殺人にしても犯人は自発的に毒を盛ったり
刃物を使って自発的に動いている。

しかし。
今回の病院のエアコンの故障は意図的なものとは考えられない。
空調をいじくってまどろっこしいことをしてまでお年寄りを殺すなんてちょっと回りくどくないか。

と思った時に僕は昔おふくろと一緒に見た『相棒』というドラマで水谷豊が言ったある単語を思い出した。
『未必の故意』という初めて聞く単語だった。
それは犯人が相手を自発的に殺すようにしなくてももしかしたら死ぬかもしれない
わざとアレルギーが出るかもしれない料理を出したと嘘をついてアレルギーじゃない料理を相手に出して
でもアレルギーかもと思いパニックを起こした人が慌てて
階段から勝手に滑って転んで
死んでくれるかもと階段に滑るような仕掛けをするというものすごいまどろっこしいことをあえてやっていた。
そのときに水谷豊はそこまで指摘して『自首するかは自分で決めて下さい』と言った。

じゃあこのエアコン故障事件はお年寄りが死ぬかも…という未必の故意が適用されるのか?
うーん,そこまでも行かないような気がする。
で,僕はここで院長の『「本院が終(つい)のすみかとなられる事が多く、患者様の快適性を追求して
日々改善して運営しております」』というコメントにピコーンときた。
要するにこの病院は病気を治療するというより
老人ホスピス的なターミナルケアとしての役割をしているのではと思う。
気になって病院のHPをしらべると
『現在、他の病院(施設)に入院中で、次の転院先を探されている方
 介護施設を探しているが、定員待ちの方
 ご自宅での介護が難しい方
その他、病院探しでお困りの方、お悩みの方、ぜひ当院までお問い合わせください。 』
の入院相談も行っている。
岐阜市の医師会によると
『寝たきり患者の受け入れ可』
とも書いている。

これでたっ君の推理は確信に変わった。
ぶっちゃけ身も蓋もない言い方をしてしまえばこの病院はやはり老人のターミナルケア=姥捨て山として
機能している。
つまり日常的にここで看取りになるようなお年寄りがたくさんいるわけで元々お年寄りが亡くなることが
あまりにも日常茶飯事すぎてマヒしていたと僕は推察する。


もちろん1番悪いのは病院だがこれを未必の故意とはちょっと遠いし
容疑は修理を怠った事と扇風機だけで放置した業務上過失だ。
殺人罪にするのはやりすぎではないだろうか。

現在日本人の過半数は病院で死ぬる。
実際たっ君も何人も被介護者を介護してきたが全員がどんな老衰でも最後は病院で受け入れてもらって
亡くなった。
つまりそういう姥捨て山的老人ホスピス病院の存在はどうしても必要になってくる。
この病院がたまたまそうだったこと。
さらに身も蓋もない言い方をすれば葬儀屋や火葬場同様死を扱う仕事だし普段は係わり合いになりたくないが
なくてはならないものだ。

では逆の方向から考察してみよう。
まずこの病院が殺人罪ありきでそれがゆるぎないとしてそこまで適用されるにはどんな理由があるか,だ。
つまり明確な殺意でお年寄りを殺す動機がなくてはならない。
そうなるとエアコンを直すお金がなかったとかそういうレベルの動機では適用されない。
まず4人のお年寄りがなんの共通点もなければ怨恨の線はない。
たんに誰でもいいから患者を減らしたかった。
僕がもしこの病院のエアコン責任者でお年寄りを殺すとしたら経営者と被雇用者で大きく違ってくる。
被雇用者の場合は前回の点滴殺人とやまゆり園と同じだ。
もともとサイコパスや危険人物だったが仕事への給料や休暇について仕事内容のストレスなどで
爆発してスイッチが入った場合だ。
経営者側は満床になったのにあらたに患者を受け入れたかったから誰でもいいから患者を減らしたかった,
という考えだ。
もしそういう動機があれば殺人罪が適用されるかもしれない。
しかし病院は119床中50床しか埋まっていなかった。
となるとやはり経営者が考えるのは今の状態でもスタッフの手が回らなくて相当困っていた状態だったので
今の状態でも患者を減らしたかったのかだ。


まぁ結局は前回の病院とやまゆり園と非常に事件の様相は似てくる。
とくに点滴殺人の病院の方とよく似たパターンだ。
犯人が経営者だろうと被雇用者であろうと共通しているのは
介護や世話を受ける人に対して受け入れる側の施設やそこで働く人のリソースが
足りなくなって破たんしているということだ。
僕はやまゆり園の事件に関しても犯人の異常さや精神疾患ばかりが取りざたされるが
僕が一貫して主張しているのは犯人が給料や労働量がしんどかったからそれが
起爆になったのだと言うことだ。たとえばあの犯人に十分な給料を支払い
仕事のストレスも少なく休み時間もたくさんあったら?
あるいは他に条件のいい仕事向いている仕事を見つけることができればこうはならなかったのでは?


確かに日本は平均寿命は延びたがそのかわり寝たきりや痴呆の人が増えてしまった。
そのぶん世話をする側のリソースが足りなくなっていてどこかでしわ寄せがくる。
それがこういった事故や殺人事件を起こしてしまうのだと言いたい。
もちろん生きている命を殺すことはできないのでリソースを増やす方向を考えなければ
いけないが今のところ何の策もないし看護や介護の現場はつねに人手不足で
安い賃金のところが多い。
ウンコを塗りたくる奴の世話をするのは誰だって嫌だがものすごく条件が良ければきっと誰かが
やりたいと手を挙げるはずなのに誰もそのお金を用意できない。
飛躍しすぎてしまうがそうなってしまうとき僕は日本はどうしてリソースを用意できないレベルでこんなに貧乏なのだろうと
思う。
15355085280.jpeg
スポンサーサイト




テーマ:医療ニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック