FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



いい子のやめ方教えてください
最近たっ君はとても疲れっぽいのです。
お客さんがいないときはベッドで横になっています。
家でも寝たきりでつらいです。
だからこれ以上面倒かけられたくない。

お医者さんは言いました。
「たっ君は目の前の人が困っていたらいちいち話を聞いたり手伝ったりする。だから疲れてしまう。神経痛が悪化する。喘息の咳が止まらない。


全ての人を助けるなんて無理。医者だって患者を救えないときもある。たっ君も世話してあげても感謝しなかったり申し訳なく思わない人なんかほっときなさい」
要するにたっ君の「ほっとけない精神」を何とかしろと。
たっ君は決していい子ぶりたいわけでも世界平和だの人類平和だのどうでもいいです。
ケチで自己中だし、
胸の大きい女の子好きだし
わがままで気に入らなければすぐに暴れるし好き勝手ばかりしています。
だから感謝されたいとか優越感とかほしいわけではないのでメサイアコンプレックスとは全く違います。
ただ、我慢している人、なんか困ってる奴、いたら声をかけずにいられなくてムズムズします。
自分が好き好んで話を聞いたり助けたりします。
そして後でどっと疲れるのに全く同じことを繰り返すので頭が悪いんだと思います。
助けて、と言われたらどうしても無視できないのです。
思えば知的障害の人に粘着されたのもたっ君がいちいち挨拶にニコニコ返事していたからです。いじめたり無視する理由もないからそうしていました。

それなのに今は本当にしつこく声をかけられたりずーっと長時間ガン見されたりで本当に怖くていやーな気持ちになり、もうどうしてもいろんな意味で無理になってしまい、
申し訳なく「ごめんなさいごめんなさい」と思いながら目をそらすしかありません。
他の人のように最初から無視すれば良かったのかもしれません。
その方が相手を傷つけずにすんだと思います。
これもたっ君が悪いのです。

仕事の返品返金にしたって可能な限りお客さんに対応しようと無理をして受け入れてしまったたっ君が悪いのです。
もっと毅然とした態度をしなければ回りにしめしがつきません。
ふにゃふにゃした態度だからいじめられたり無茶なお客さんの話を聞いてしまったり介護を全部押し付けられたり頼み事を聞いてしまうのです。
大人になってもいい子をやめられないのです。でもこのままではいい子はいい子でも都合のいい子です。
結果病気になったり、でももっと怖いのは具合が悪くてもなんか調子が悪いな程度でどこが悪いのか休んだ方がいいのかを自分で判断できかねてそのまま動いているのです。
よく小さい子供は語彙力がないことと、自分の体調がわからなくてただ、眠いとかお腹痛いとしか言わないことがありますが、たっ君もそれとよく似ています。
サボってはいけない、なまけてはいけない、と動き続けたり困った人を助けている間に自分の方が
弱ってしまっているんだけどそれが自分でも分からなくて
ただ不安でゾワゾワしたり眠かったりしてでも理由がわからないからさらにイライラしてただでさえ全身の消費電力の7割が電子戦とレーダーのアビオニクスに消費されるいっぱいいっぱいのたっ君のアビオニクスがオーバーロードを起こして一時的にクラッシュして泣いたり暴れたりするわけです。こうなったらしばらくシャットダウンさせるしかありません。結果身の回り、仕事回りやお医者さんに迷惑をかけてしまいます。

いい子をやめたいやめたい何度も思いますが僕の性格はなかなか変わることができません。
本当に困っています。
15354707440.jpeg
スポンサーサイト




テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック