fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



まだ乳歯残ってるよ。&写真の話
今日のトラックバックテーマは乳歯について。
たっ君奥の方にまだ乳歯残ってるよ。
今もレントゲン撮ってもそこだけ歯が小さい。
そうそう歯のレントゲンって面白いね。耳のところのピアスがささってるのがくっきりうつるの。

で,きっかけは小2くらいの時に見つかって
別に虫歯でもないしぐらついてないのでほっておきましょうと言われてそのまま。
無理に抜いてそこが歯抜けになっても困るからと。
それ以降別に不便はない。
新しい歯医者さんも何も言わない。
余計な治療をしないことも大事なんだね。
親知らずの隣にあった15年来激痛と戦ってきた歯を抜いたときも
『この歯はなくても困らないから差し歯も必要ないよ』
と。

大学の時同級生が保険適用でも
20万円くらいする金属の矯正器具をつけていたのを
他人事のように見ていたけど…少なくともたっ君にはそう言う歯で高額な治療は必要はなかった。

たっ君のおばあちゃんは入れ歯じゃなかったし親父も必要ないからそっちの遺伝を持ってるなら
たっ君も入れ歯にならないと思う。多分。
よくお酒を飲んで忘れてたりゲームをやりすぎていろいろめんどくさくなって歯磨きなしでそのまま寝ちゃうことがあるけど
よくこんな歯磨きが下手くそで虫歯にならないな!と医者に呆れられる。きったねーな!しかもこんなんで
虫歯にならねぇとか真面目に歯磨きや歯のケアしてるのに虫歯や歯の病気になる奴が
多いからかわいそうやわ!って歯医者に言われたこともある。
だからたっ君が歯医者に行くとされることは治療よりも
電動工具でゴリゴリそうじされるのがメインになる。
これが振動して結構気持ち悪いし歯を削られるより痛い。
よってたっ君の歯は丈夫だし一見汚くは見えないけど
プロがよーく見るとあちこち磨き残しが多く汚いというよくわからないやつだ。
こないだもお客さんに歯並びが綺麗ねとほめられて内心『いやきたねーよ』って
思ってたもん。

歯が綺麗と言えばまーたん。
やっぱりアメリカ人は歯が命ってよく言うよね。
たっ君はアメリカ空軍の軍人さんの写真をよく見るけど
証明写真ではみんな口を開けて歯を出している人が結構いる。

ぢゅん子さんも歯が出てる。
15286090220.jpeg

というかたっ君の手持ちのバービーはほとんど歯が出てるよ。
ものによってはあごのところにえくぼのつもりが大きすぎてほうれい線みたいななってる
のもあるし。

そういえば日本のリカちゃんにもスマイルリカちゃんってのがあって口は開いてたけど
歯はなかったと思う。

こういうとき日本人は口を閉じてる人が多いけど(でもアメリカ人は
口を閉じてる写真の人もどこか笑ってる感じがするよね。)

まぁそんなわけで写真なんかを撮るときもたっ君は歯を出さない。
でもむすっとするのは嫌だしそもそもむすっとしてもイケメンに見えないし
かといって口を開けるのが嫌だし笑うのも嫌なのでたいてい身内で写真撮るときはわざと全部変顔で撮る。
もちろん歯は出さない。
たっ君が真顔で写真撮るのはコテロリの時に外国人観光客や知らない人に写真を頼まれたときくらいだ。

コテロリでもまーたんと一緒に写ってたり
仕事やイベントで集合写真なんかでも全部たっ君だけ見事に変顔すぎて逆にオイシイと
思ってるもんなぁ。
スポンサーサイト




テーマ:FC2トラックバックテーマ - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック