FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



アンパンマンのおかげでゴミ捨てができるようになったたっ君
今年に入ってから以前よりも1時間以上朝早く起きれるようになって
ゴミ出し成功する回数が圧倒的に増えた。
低血圧の症状がよくなっているらしい。
それとちょっとした工夫で毎日平日はBS日テレで8時から9時までアンパンマンクラブ
という番組をやってるのだけど毎日自動的に8時なったらテレビが自動的に
BS日テレになるようにセットしといた。
そしたら平日は毎日8時になるとアンパンマンのopが流れるので自動的に目が覚めて
とりあえずベッドから頭だけテレビに向けてアンパンマン見るようになる。
おかげで1時間くらい早起きになったのだたっ君は。
たっ君はぶっちゃけアンパンマンはそんなに好きじゃない。
カバオとか町の人らとかみんなアンパンマンやジャムおじさんの工場に任せっきりで
何の役にも立ってないしそれが1番イライラする。
あとたっ君はあんこが嫌いだからおなかをへってるときに顔をちぎって差し出されても困って
しまう。相手があんパン好きか嫌いか確認しない横暴さよ。
だったら今すぐカツ丼マンの中身を食わせろよと。
あとは絵の配色が好きじゃない。
唯一好きなのはおくらちゃん。

どっちかというとたっ君はドラえもんとしんちゃんで育ったから。
にこにこぷんもあったし。たっ君はじゃじゃまるすき。

地元民なのにアンパンマンミュージアムにも行ったことがない。
横浜にもあるから俊彦ちゃんは大興奮して連れてってって言いそうだな。でも彼女をあそこへ連れていくと
見るものすべて欲しがるので1000円札が紙ふぶきのように飛んでいきそうだな。
たっ君ですらウルフェスの時は1000円札がかなりのスピードで飛んでいくのに
俊彦ちゃんをアンパンマンミュージアムに連れて行ったら…恐ろしい。

で,高見沢家が行くときはパパママ+幸ちゃんも一緒で
俊彦ちゃんママ「いい?俊彦が余計なもの見つけて欲しがらないようにするんだよ!」
幸ちゃん「いや,それ無理だと思うぜ。見るもの触るもの全部あの丸い顔がついてんじゃん」
……。しかも入場料1人1500円だからね!
俊彦ちゃんママ「風船が1300円?ふざけんじゃないよ!」
それでも買わないと俊彦ちゃんがウザくなること120%なのでほしいものはあまり我慢させない
のが高見沢家のような気がする。
しかも風船は次の日の昼ごろにはしぼんでしまうのでさらに俊彦ちゃんママブチキレ。
で,俊彦ちゃんパパと幸ちゃんがああでもないこうでもないとヘリウム入れ直したり
工夫して数日は浮くようになるんだけどその頃には俊彦ちゃんはもう飽きちゃってる…。
1800円のドキンちゃんのポップコーンケースももうただのオブジェと化している
そんな高見沢家。
なんでそんなにくわしいかって?
たっ君の通り道だからだよ!
駅の柱の至る所にアンパンマンミュージアムのポスターが貼ってあるんだぞ!
さすがにうんざりしてくる。


そういえば俊彦ちゃん堂本兄弟で戸田さんとまーたんと3人でアンパンマンの曲やったときは
すごい嬉しそうだったもんな。



まぁだからたっ君はとくにアンパンマンに愛着はない。
でもストーリーはシンプルなのでたっ君向けなのは認める。だから嫌い嫌いと言っても
ついつい見てしまう。
今日も8時になると「そーおーだーうれしいーんだいーきるよろこびー」と流れると
自動的にたっ君の目があいてしまうこの悲しさよ。
やはりアンパンマンに勝てるやつはいないのか?
0427183.gif
スポンサーサイト




テーマ:健康生活:病気・治療法 - ジャンル:ヘルス・ダイエット


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック