FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



大阪豆ゴハンとホームシック
サラ・イネスさんの漫画,『水玉生活』が文庫本化されるらしい。どうしても欲しくてウロウロしたのに見当たらなかった。

サラ・イネスさんという作家さんが昔描いた『大阪豆ゴハン』という作品がある。
僕はこの本にとても助けられたことがある。

僕は初めて九州の大学に来た時とてもホームシックになった。関西に帰りたいと思った。
友達や家族がいないからでなくて環境があまりにも違いすぎるのだ。
九州と関西は異文化だし,学校に行っても僕にとって当たり前のことが相手にとっておかしいことだったり。
かなり僕は異文化ショックを受けた。
そんなときに本屋で偶然見かけたのが,すでに完結してしまっているがサラ・イネスさんの『大阪豆ゴハン』だ。
大阪に住む4人兄弟とその夫が繰り広げる大阪のあるあるネタがぎゅっとつまったホームコメディだ。
しかもこの家族,僕の家族や親戚にとてもよく似ている。
信じられないかも知れないが僕の家族や親戚には加奈子や湯葉さんやお母ハンまんまの人達がいる。
お話も僕から見たらかなりあるあるで,読んでいると本当に地元の自分ちやお袋の実家にいるくらいほっとする。
単行本もずーっと集めた。
関西に帰りたいと思ったらこれを読むんだ。
そこには他府県人が勝手に考えた大阪じゃなくて生身の大阪人の姿がある。
本当の大阪の暮らしがあるんだ。
僕はそれを読んで地元にいる気分をシミュレーションするのだ。こうすることで僕はしばらく元気づけられたものだ。

四国から来た友達にこの本を読ませたが反応はあまりなかった。
やはりこのてのマンガは登場人物や場面と近い環境にある人でないと楽しめないのか。
スポンサーサイト




テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック