FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています。サイトの方にも遊びに来て下さい。僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



今日から福井の荷物が動くぞ&怒りっぽい当事者の意見
どうやら福井の荷物が今日から動くらしい。
やれやれ。
とりあえずたっ君が事前に注文したものだけを優先的に送るらしい。
それと別のメーカーから類似品を無事確保したので今日送ってもらえる。
来週発想にしてくれと意味不明なこと言ったのでまたたっ君がミン様化したおかげで
どうにか今週には荷物が解け取れそうだ。
やれやれ。このとっさのたっ君の動きや判断を誰かほめてくれ!

とりあえず商品の確保や作業はうまくいきそうだ。
やっぱりここ一番に動く男が強いのよ!

最近他の人にたっ君を端的に紹介する場合
『男だけど外見はFF7のエアリス・ゲインズブールまんまで中身は思いっきりfarcryのパガン・ミンみたいなやつ。ヤバい』
と言われてるらしい。


それはともかく
僕は自分が似てると言われるからそう思うんだけどパガン・ミンってやっぱりサイコパスじゃないと思う。
何かどうしても欲しい物があったり自分を守るためだったリ
そのためだったら別に他人にどう思われても構わないし他のやつのことなんてどうでもいいみたいな。
相手が自分の知らないところでなにをやっていても
いちいちそこまで面倒みてないと言うか。自分が発注した仕事さえやってくれればそれでいいのよみたいな。
これって究極の自己中よね。
邪魔されたり自分に被害が降りかかるとなると血相変えて怒りだす。
不満があれば嫌味を言う前にその場で爆発するのもたっ君。
ミン様化するかメルトダウン起こして泣いて暴れるかのどっちか。
逆に言うと非常に分かりやすい性格だから案外相手もたっ君を警戒しないのよ。
苦しみの街で『パーガン・ミン!』コールがあってそれなりに支持されてるのも
逆鱗にさえさわらなければ怒らない意地悪しないからでパガン・ミンもたっ君も同じ。

で,たっ君の性格について周りの人にインタビューしてみたところ
『確かにすぐキレるし自己中だけどなんで怒ってるか理由はすぐ分かるから
気にならない』
『キレてもキレられた相手の方が悪かったりすることが多いし少なくともたっつぁんは
相手をいじめたり虐待する目的でキレたり暴れたりしない』
『よくよく話をきいてるとたっつぁんが怒るときは相手の人格や環境やどうにも変えられないことに
キレていない。あくまで相手のやった事気を付ければ防げたことにだけキレている』
『怒りたくて怒ってないのは分かる』
『そもそも体力が少ないからキレても一通り爆発してもすぐにへばって眠っちゃうから起きたときは
ひしゃげたカエルみたいな目して無言でおやつのホワイトチョコパイ食ってた』
とのこと。
021518.gif


目が腫れると二重の人は一重になったりすることが多いけど
たっ君の場合は泣きわめく+寝起きで
腫れると二重の幅がさらに広くなっていよいよひしゃげたカエルみたいになるのだ。
まぁたっ君が直接聞いただけなので当の本人におめーはクソだとは言えないわな。
でも何度も言ってくれたのが
『少なくとも意地悪で怒っているのではない』
と。
『たんに辛抱が足りない性格なだけ』
だそうです。

でも辛抱ができない我慢が嫌いな性格って怒りっぽいことにつながりやすいが
さっきも書いたATMの話もだけど今回の代替品の確保の話も文句を
ぶつぶつ言ってほげっとしてるよりすぐ動いて
行動を起こすから悪いことばかりとは言えないよね。問題や危機が起きても
すぐに動ける。ある意味たっ君の意味のない我慢が嫌いなのと衝動性がいい方に
働いてると思う。
よくサイコパスがどうとか怒りっぽい人についての考察はあるけど当事者の気持ちや意見を書いた
サイトやブログがないのでたっ君が怒りっぽい人代表として書かせていただきました。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック