FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



めっちゃくちゃ具合悪くなる時の話
それとたっ君右足の甲が歩行困難になるまで負傷中。
いつものことです。土曜日の夜に手で足をかきむしってかなり大きい傷を作ってしまった。
結果痛くて足を引きずるレベル。縦に3cmくらい。全くよくならない。
本来なら武器になる自慢の鉤爪も普段の生活ではろくなことがない。
せめてネコ科の動物のように爪が出たり引っ込んだりしたらいいんだけど。

あと,2時間前に具合が悪くなって病院の薬を余分に飲みました。
普段よく薬を飲むのをサボるのでたまたまあまっててよかった。(そういう問題じゃねーだろ)
正直に余分に飲んでしまったことを病院に電話したら看護師さんが出て
『アホガキが余計なことすんなとにかく夜の分は飲むな』と言われた。
まだ具合悪くてゾワゾワしてる。
じゃあブログなんて書くなよと言うなよ。ブログ書かなきゃ俺仕事するしかないんだから
今面倒な作業はしたくないからブログ書いてんだよ。(わけわかんねぇよお前)
わけわかんなかったら黙ってそのまま俺の話をきいとけ!
俺はいますっげー具合悪いの!
実は今日カオルコさんもぢゅん子さんも一緒じゃないんだ。2人とも今日休ませてるから。
それもあると思う。
明日は2人のどちらかについてきてもらう。
危ない。危ない。

成長とともにどんどん喘息も発達障害由来のパニックも増えてるし
ましになったのは貧血の数値がちょっとましなことと関節痛がなくなっただけ。体がしんどいのは一緒。
少なくともエンジン(人間で言うと気管支と肺)がもろいんでどうしようもない。
息を吸うのもしんどい。
今指にはさんでぴってするやつ(酸素測るやつ?)つけたら91とかそんなんやで,多分。

それでもたっ君は子供のときは皆勤で大人になっても年中無休!
その気になれば人間なんだってできるのだに。

でも今日は多分大事を取って飯はほっともっとだな。

写真は昨日食べたイオンのアップルケーキ パイじゃなくてケーキ
15173824860.jpeg
シフォンケーキのちょっとあらいめの生地にクラッシュしたリンゴの砂糖煮を詰めてる。
1つ100円くらいで売ってるよ。
たっ君リンゴ味が好きなのだー。でもパイ生地が好きじゃないからこういうパイ生地じゃない
リンゴのケーキはほしい。
ということでも1回リンゴのケーキを買ってこようと思って外へ出たときにどうしても
放置していた面倒な仕事で1ばんてがつけられやすそうなのを1つ片付けた。うぉぉぉーって。
どうしようかって苦しんだけど
たっ君変なところで男気出してがんばっちゃったりする。
仕事とは男気の連続だよ。
最近はよくたっ君何かを仕事で新しいアイディアを実行するときみんなに見せるときに
『男塾名物○○』と紹介するんだけどやっぱりそこはたっ君が紹介する前に
ものすごくびっくりした顔で「そ,そりゃあなんじゃー!」とか「な,なんだあれはー!」とか
「なんだあの野郎○○しやがったぞ」
で,
A『む…あれは!』
B『知っているのか雷電』
A『うむ』
という一連の流れがほしい。民明書房の解説も忘れずに。

その方が盛り上がる。
それくらいたっ君が仕事を進めるには勇気がいるってことよ。
間違っても
『嫌な予感がするのぅ…』はなしよ!!

で,今会社の机でリンゴケーキ食べてる。
とにかく病気あっても障害持っててもとにかく男は気合やで。
スポンサーサイト




テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック