FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



これは良記事です
発達障害はカミングアウトするべき?と悩んでいる親御さんも結構いらっしゃると思います。
https://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_E1515471203227/
この記事の言うように具体的な障害名は出さずに他の保護者に
『『授業などの予定が急に変わると、混乱して泣いてしまうこともあるかと思います』とか
『息子の〇〇は気持ちが高ぶると時々、乱暴な行動に出てしまうことがあります』とか
ゆるーく紹介することや
『『〇〇のことで、何かありましたらお知らせください』と、いつでも受け入れる姿勢でいるということも伝えておく。』
のがベストだと思います。
よってこの記事はなかなかの良記事だと思います。
あくまでちょっとした個性だと言うことです。
あと,担任の先生や校長先生が信頼できそうな人なら逆にぼやかすのではなくずばっと
障害のことを伝えた方がいいでしょう。


たっ君の両親はたっ君に障害があることをこの時点で気付かなかったので
放置してしまい結局中学までいじめられ続ける憂き目にあいました。
あまり暴れたり大声を出して目立つタイプでなかったから余計に発見が
遅れたのかもしれません。

というかもう結論からズバッと言います。
もうめんどくさいので
その子の家に経済力があり,その子本人の知能と学力に問題がなければ小さいうちから
ちゃんとした私学の学校に入れちゃいなさい!以上!

(↑わしが男塾塾長の江田島平八である!以上!と同じレベルの言いきりです)

なんでかというとたっ君は幼稚園は仏教系,小中が普通の公立,
高校が男子多めの共学のまぁまぁのお坊ちゃん高校という
人生を過ごしましたがいじめられたのは公立の小中だけ。
要するに色んな学力,色んな環境の子供をいっしょくたに1つのクラスに閉じ込めるので
当然よろしくない家庭の子や柄の悪い家庭の子も一緒になります。
生まれや家庭環境で相手を決めつけるのはよくないですが本当に
とんでもない家の子もいるので…幼い時にそういったものに囲まれて荒波にもまれて免疫を付けるよりも
小さいうちはあまりトラウマを背負わせないと言う選択肢もありです。

とくに田舎は私立の小学校は少ないので大変だと思いますが…
なんでたっ君を公立の小学校に放り込んでボロボロにしたのかがよく分かりません。
小学校の時僕はばいきん扱いされていましたが回りの生徒の方が
体臭がきつかったり頭の臭い子やふけだらけの子,いつも服の汚れている子がいたりして
そっちの方が変だと思いました。
毎日体を神経質なくらいに洗っていて頭もしっかり洗っているたっ君がばいきんなんて
清潔度から考えてもありえないのですからばいきんというのは本当にこいつらの
好き勝手な条件で決まるのだと言うことに気付きました。

たっ君は逃げるように私学の高校に行きましたが
そこはまるでクソみたいな中学に比べたら校舎も清潔だし変ないじめもいなかったし
他の生徒もたっ君=みんなより少し幼い者=弟?
みたいな感じでたっ君が障害とか分からなくても肌で感じ取って一緒に遊んでくれてる感じでした。
なにより色んな先生の目がつねに行き届いていて天国でしたよ。
だからたっ君は学生時代は高校が1番楽しかったです。
たっ君がちょっと変な生き物だったとしてひどいことをしていじめるか,幼いんだからかばってあげようの
違いがそこにあります。
パニックを起こして泣いても誰かが助けてくれるのでその安心感かたっ君も高校時代はパニックが
ぐっと減りました。
助けてくれる人がいる,という安心感はたっ君にはとっても大切です。
笑っちゃうのが体育の授業で背が高い順に並ぶのですが大柄なたっ君がなぜか一番後ろにいて
すぐ前のやつの頭がたっ君の肩くらいというおかしなことになっていましたが体育の先生は
気にしていませんでした。たっ君は体は大きくても『末っ子』だからです。
先生もたっ君の行動や性格を理解してある程度は自由にさせていましたし。

よくある少女漫画では金持ちの子供は性格が悪いイメージがありますが実際は
逆です。
DQNぶっててもいざとなったら成績が良かったりしますしキムタクみたいな陸サーファーみたいな
派手な男子もいましたが医者の息子で頭はよかったと思います。
外見は派手でもみんな中身は真面目で親切だったりします。それがたっ君の知ってるお坊ちゃん高校の
実情です。
15165904920.jpeg

スポンサーサイト




テーマ:発達障害 - ジャンル:心と身体


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック