fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たっ君を見守ってくれる人たちに感謝をする日
たっ君の誕生日と言うことでもうちょっとたっ君について掘り下げます。
たっ君は最近『社会性のない,共感能力の低い人=サイコパス=犯罪者予備軍』という世間の意地悪な
言葉をすごく気にしています。
もちろんたっ君は人からサイコパスと面と向かって言われたわけではないですが
社会性がないことと,共感能力の低さからいじめられたり怒られたりしてきたのですが
最近はっきり言われたのは『たっ君はサイコパスじゃないし悪いやつじゃない。ただものすごく
わがままで子供っぽいだけ』
と。
そりゃ大勢でケンタッキー食ってても誰かがサイをこっそり取ろうものならいきなりたっ君に
思いっきり手をバシバシ叩かれてはたき落されますからね。
15142630250.jpeg

食べ放題ならともかく限りあるチキンなので当然さらに限りあるサイを取ろうなんて
何という恐ろしいことか。
全てのサイはたっ君の所有物なので許可なく(と言うか許可すらしませんが)取ろうとしたら
略式起訴されて即刻処刑されます!

さらに飲み会で大皿のからあげは2つ。1つは全員が食べる用。1つはたっ君用。

だからたっ君も交えてみんなでケンタッキーやからあげを食べるときに知らないならともかくわかってて
いたずらでサイを取ろうとしたりたっ君の皿からからあげを取ろうとしたらいつまでも恨まれるし
まわりからも「やめなよ!」と怒られます。
その代わりたっ君はサイ以外だったら誰が何をどれだけ食べようが全く気にしてませんし
全員が食べる用のからあげは取りません。あまって食べて良しの許可が降りたら食べますが。
それにたっ君は飲み会でもドリンクは大体カルピスのみですしお刺身はもちろん
ほとんどの他の料理には手を付けませんし。
たれでべたべたのヤキトリもそれほど好きじゃない。
だから周りの人も許してくれるんだと思う。

外の世界の人から見たら不思議なルールですがたっ君の住む世界ではとっても大事なルールなのです。
たっ君はたっ君向けに作られたオーダーメイドの世界でしか生きられない。
悲しいけれどそれが現実なのです。
無理にレディメイドの世界で荒波にもまれて無理をすると弱って早死にしてしまっていたかもしれません。
今日,この年齢まで生きてこられたのはある程度オーダーメイドの融通がきく無菌室のような
場所でたくさんの大人に見守られながら生きているからかもしれません。
たっ君は慣れない人に囲まれたり狭すぎたり静かすぎたり水回りの不便だったり不衛生な環境では生きられません。
たっ君が旅行に行くときに多少無理してでもちょっと高いホテルを選ぶのはそのためです。
行き先が発展途上国だとさらにそれが顕著になります。
そもそも丸1日風呂に入れない生活とか食事はパンやうどんなどの炭水化物ばっかりとか想像するだけで気絶しそうです。


たっ君は普通の人の当たり前が分からなかったり空気を読まずに思ったことをすぐにしゃべったり
ひどいときにはしゃべる前に勝手にやらかしてしまったりします。
いつまでも衝動性のひどい視覚優位で行動優位で生きています。
まーたんと歌うことよりまーたんのギターに合わせて踊ることが好きで
まーたんとしゃべることよりまーたんに首をよーしよしよししてもらうのが好きです。
おふくろもまたたっ君のことをいつまでも小さい子供みたいで恥ずかしいと
文句を言う割にたっ君がEMIRUちゃんのコス衣装を作るときは資金援助してくれますし
おみやげやプレゼントはたっ君のほしいおもちゃ(着せ替え人形の服やままごとのパーツ,
こなぷん的なやつの材料)をくれたりウルトラマンのショー付きバイキングにつれてって
くれたりします。ただお見送りのウルトラセブンに大興奮してしゃべるたっ君を
見て『中のバイトの人に迷惑かけるんじゃないよ』とあきれていましたが
でもたっ君に言わせるとセブンのスーツの中に『バイトの人』などいないのです!
セブンはセブンです!
ちなみにまーたんはセブンに対して『あんたその格好やと息苦しいやろ?』
としつこく話かけて『なんで返事しないのん!』といっていました。
暑苦しいも何もセブンはその姿が素顔なのであってマスクをかぶってるとかスーツ着てるとか
じゃない!何言ってるんですかまーたん!


衝動性に関しては何かを始めるのにもあまり人に相談せずにいきなりやらかしたりするし
思いついたことはすぐにやらかしているので失敗も多いぶん,膝の出た服しか着ないのと貧血の内出血も手伝って
手足の怪我や擦り傷も多いです。
什器の上に上がって飛び跳ねてふざけて落ちたりします。たっ君ゼロごっこが
大好きだからです。
ゼロの特徴を知っている人は分かると思いますがゼロはウルトラマンの中でも
結構動きが激しいキャラなので当然たっ君のしょうもない擦り傷や打撲も想像つくと思います。
あとは目の前に興味をひくものがあると興奮して突然走り出してぶつかったり転んで
しまうことも多いです。


それでもたっ君が人生で一度も骨折や入院するレベルのけがをしたことないのは
家族以外でもやっぱり周りの大人の見守りもあったと思います。
ここでいうたっ君の言う大人とは,たっ君を障害あるなし関係なく見守って声をかけてくれる
人達のことで,年上年下関係ありません。
仕事関係の人,取引先の人,郵便局の局長や窓口の人,
いつもおやつを買いに行くスーパーの店長,
週の半分は行ってるお弁当屋の人,
お医者さん達や看護師さん,
ふらふらするたっ君の代わりにかごを持って後ろからついてきてくれるし
袋詰めも代わりにやってくれるちょい高級スーパーのスタッフさん,

みんながいつもたっ君が来ると声をかけてくれたり具合が悪いときはなんとなくわかるらしく
心配してくれたりします。
郵便局の局長がたっ君が体調悪いと余分にティッシュを持たせてくれたり,
たっ君の注文の量が少ないとお弁当屋さんのバイトリーダーが『今日は食欲ないの?』と言います。

仕事でも小切手や手形の使い方を知らないし請求書を読まないたっ君のために
たっ君が仕入れるときはメーカーの人がその都度たっ君に金額を言ってたっ君は郵便局から
現金で支払ってそれを確認してから商品を送ってきます。
オーダーメイドやリフォームの提携工場も商品が出来上がって配達に来るときに現金を手渡しで
支払います。
近所の自転車屋さんは無料でタイヤを見てくれて空気を入れてくれますし
こないだはハンマーでたたいて歪みを直してくれました。

飲食店なんかはもっと顕著です。

カウンターのみのおしゃれなレストランだとたっ君がくるとたっ君だけ足のぶらつく椅子を撤去して
普通のいすと座布団を置いてくれるんです。

あるいはステーキ店だと他のお客さんは鉄板で出すけどたっ君には普通のお皿で出します。
これは危なっかしいたっ君がやけどしないようにという配慮です。
付け合わせの海老は普通のお客さんには有頭のバター焼きですがたっ君はちゃんと頭を落として
海老フライにして出してくれます。
当然ステーキもフォークだけで食べられるように一口サイズに切って出してくれます。

個人経営の洋食屋さんはたっ君だけ日本昔話に出てくるような山盛りのごはんを
出してきたり。


あとは面白いところだと松屋のパートのおばさんです。
たっ君は朝お腹がすくとたいてい松屋で食べます。
なんでかというとたいていの飲食店は朝は朝食用のメニューしか用意していませんが
松屋だと朝から豚バラ焼肉もハンバーグもありますし味噌汁おいしいです。
で,たっ君が来ると特定のあるパートのおばさんはまず定食についてるキャベツをたっ君に
出します。で,たっ君がこれを全部食べるまで焼肉やハンバーグや特盛ごはんや味噌汁を持ってきてくれません。
最初はそういうお店かと思ったのですがたまたまたっ君の隣にカレーを食べに来た
若いサラリーマンがいてその人にはカレーとキャベツと味噌汁を同時に出していたので
これはパートのおばさんがたっ君にちゃんとキャベツを食べさせようとしている教育的指導だと
気がつきました。おばさんとたっ君はごちそうさま以外何も会話を交わしませんがそういうことらしいです。
だからたっ君はおとなしくキャベツを食べます。

最近はよく行くようになったチェーン店のトンテキのお店がたっ君を覚えてくれるようになりました。
たっ君がカウンターに座ってハンディーターミナルを持ったバイトの人に料理を注文すると
向かい側のキッチンにいた若い店長らしき人がバイトの人に
『ライスは特盛指定ね。それとトッピングのからあげもつけといてあげて』
と言っててすでにたっ君は覚えられたんだなぁと思いました。


そういった周りの大人たちの見守りがなければたっ君は会社を経営したり一人暮らしをすることは
できません。
これがたっ君を取り巻くオーダーメイドの世界です。
とくにたっ君の場合は『内部障害』といって車いすに乗ってるとか白いつえを持ってるとか
ではないので分かりにくいはずなんですが無意識にやっぱりちょこっと変だなとみんな気が付くらしくて
たっ君が何も言わなくても見守りがあったり声をかけてくれたりします。
本当に嬉しいことです。
だから感謝の気持ちがあります。
こういった周りの大人の見守りがなければたっ君は大怪我をしたり事故に巻き込まれてこの年になるまで
生きられなかったかもしれません。
なんであいつだけ優遇されんの!とかあいつアホだ!とかけなす意地悪な人もいますが僕は
そういう人達のことは考えないようにしています。
僕を大切にしてくれる人達のことだけ見ていればいいのです。
だから誕生日はただお祝いしてもらうだけでなく,こういったまわりの
見守りに感謝する日でもあります。

スポンサーサイト




テーマ:ありがとう!! - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2017/12/26 20:01】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック