FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



やっぱり水筒は必要
たっ君とおばあちゃんのもう一つの不思議な共通点。
それはいつも外に出ると水筒を持っていること。

たっ君はステンレスのジードの600mlのやつだけど
15140106160.jpeg

15140106280.jpeg

おばあちゃんも象印のステンレスの500mlのを持ち歩く。これ。
bottle.jpg

あれ?そういえば親父もいつも2lのステンレスの大きいのを持っている。

あれ?つまり水筒を持ち歩くと言うのはたっ君の家系の常識なのか?
おふくろ以外全員が外に出るたびに水筒持ってる。
そしたらネットでお出かけするたびに家族1人1つずつ水筒を持っているのは間抜け
だという人がいたけど…たっ君はそれが普通で育ったので間抜けじゃないよ。
とにかく夏でも冬でも自分用の飲みやすいドリンクは常に持ち歩かないと。


最近気になることはたっ君が仕事の訪問先などで水筒を飲んでると慌ててお茶を
出してくれる企業。
昨日もそんなことがあってかえって恐縮してしまった。
僕は別にお茶を出せとは言ってないしものによってはたっ君が飲めないジャンルの飲み物を
出してくるから困る。
コーヒーと紅茶が大嫌いなの。あんな苦いもの無料でもいらないや。
あとは猫舌なんでね。冷たい物しか飲まないのよ。
別に出された飲み物に毒が入ってるからとかじゃなくてやっぱりたっ君は持参のお茶でいい。
中身は冷たい六条麦茶かトップバリュ麦茶だよ。
親父は普通の緑茶でおばあちゃんはバナバ茶と言う変なお茶が入ってる。
とにかく財布やスマホと同じくらい必要なものだから全身気合の入ったコテロリでも
水筒はしっかり肩から掛けて歩く。
スタンディングのliveでも
普通に肩からかけて持っているので不思議そうに水筒をジロジロ見てくる人が結構いるけど気にしない。
たっ君の服をじろじろ見るのは分かるけどみんなやたらと水筒の方をじろじろ見てくる。

それでも必ず
水筒を持ち歩くのは節約のためもあるけど飲み慣れたドリンクがいいってこと。
そういえばまーたんのカラオケパーティのときもたっ君は出されたホワイトウォーターがほとんど飲めずに
終了後舌で2回くらいペロペロっとしただけだった。
なんでかというとそのお店はカルピスじゃなくてホワイトウォーターしかなかったから仕方なくそれお願いしたら
やっぱりカルピスに比べて変な味で慣れないと飲みにくい。
で,手荷物は入り口でおいとくようにいわれたから水筒もそっちにおいてきちゃってて
しまったと思った。
んもー,まーたんも
『あれ?たっ君いつもの水筒はどないしたん?』
と言ってくれたらどうどうと取りに行けたのに。
やっぱりいつも飲み慣れたドリンクでなきゃだめだ。
たっ君は麦茶とカルピスが1番!

僕は人にものをすすめるのは好きじゃないけどもっとみんな1人1つずつ水筒持ち歩けばいいのにとは思う。
ペットボトルはゴミになるしぬるくなっちゃうよ?
水筒はプラスチックの物でもペットボトルよりは保冷効果はましだよ。
でもたっ君は今までプラスチックの水筒ばっかりだったけどステンレスに替えても重さはそんなに感じないし
なによりいつ飲んでも冷たいのが嬉しい。

さっきも飲食店に行ったらすごく混雑しててたっ君が席についてスタッフが注文取ったまま
お水のグラスを忘れているので水筒飲んで料理待ってたし持ってて良かったって思うもん。


スポンサーサイト




テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック