FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ネオテニー俊彦ちゃん
最近,ネオテニーという言葉が気になっている。
ざっと言うと,子供の形態のまま体が成長する生物らしい。
たとえば芋虫が蝶になったり蛙がおたまじゃくしになるという明らかに形が変貌するわけでなく,明らかに生まれたままの形のまま中身が成長するらしい。スカイクロラの主人公みたいだ。

じゃ,人間はネオテニーなのか。
そうともいえるし,ちがうともいえる。

芋虫が蝶になるくらいの変化はないけど,あかんぼと中年のオッサンはあきらかに違う。

ただ,とっつぁんぼうやとか,大人なのに高校生みたいに見える人とか,そういう個人差はある。
二十歳なのに四十代みたいな人もいるけど。

最近,ソロツアーでALFEEのメンバー以外の人と一緒にいる俊彦ちゃんを見ていると,俊彦ちゃんは人間なのにネオテニー生物だなあと思うことが良くある。
俊彦ちゃんが実年齢よりずっと若く見えるのはみんな知っている。
でも若く見えるのは性格や顔以外に体格や骨格が関係あるような気がする。


以下,結構突っ込んだ話なので平気な人だけ読んでください。
俊彦ちゃんはまず,とてもとても痩せている。
それと同時に体格が大人というより思春期のローティーン(12~14歳くらいまで)のこどもに近い。
胸が薄っぺらく,胴体が貧弱で小さく,手足が長く伸びている。
手足の長さや大きさに比べて胴が未成熟で,その手足も成人女性と比べてみてもずっとずっと貧弱で,長さこそあるものの,かなり貧弱だ。おまけに頭が大きく,(賢姫は顔は大きいと言われるが,頭の大きさは普通だと思う)頭と肩のバランスが悪く,頭部がいつもぐらぐらすることになる。
まるでローティーンの少女が太っていないくせに絶食ダイエットをして背だけがひょろひょろ高くなった感じだ。
有明で俊彦ちゃんの衣装を見たときシャツのサイズがあまりにも小さかったのに驚いたし,周りの人間と立っている様子を見ても身長に対してヘソのある位置が高すぎる。
胸板にしても,男性のように胸板が厚くなることもなければ,女性のように膨れることもなく,ただ薄いままだ。

もう一つの俊彦ちゃんの特徴として気になったのが,普通の大人よりずっとずっと体毛が薄いこと。こども並みに体毛が薄い。

つまり俊彦ちゃんが若く見えるのは『若々しい』というより『幼い』外見と骨格を持っているからである。

それでは,このような幼体になることで何らかのメリットが受けられるのか。そういった方向に体が進化しているのは何か理由があるはずだ。

それは無条件で不特定多数から『庇護』を受けられる,という利点である。
つまりネオテニーである俊彦ちゃんが非ネオテニーの個体群の中にいると,その圧倒的多数の非ネオテニーが自然と庇ってしまう。
僕は何かの本で,雛が幼く丸く可愛らしい形をしているのは回りに保護欲を起こさせるため,と書いてあるのを読んだ。多分それと同じだ。
本当は大人なのに幼体を保つ事によって回りに自分を守らせることで生命を維持する。ものすごくせこいかもしれないが,これも進化の一緒だろうかと僕は思う。

実はこんな話がしたくなったのは,最近,ヌカカの結婚という本を読んだからだ。昆虫達が自分の命や遺伝子を維持する為に僕達人間が考えられないような行動や生態をしている。人間より進化している事だってある。
だから俊彦ちゃんの体がなんらかの形で進化したっておかしくないのだ。
幼体を維持することで回りに自分を守らせて生命を維持する,そのスタイルは,ソロライブで周りの王子連合やゲストミュージシャンが俊彦ちゃんを大事なお姫様のようにみんなで守ったり構ったり甘やかして扱っていることとよく似ている。
見た目は幼く弱くても実はとってもしたたかな女王蜂なのである。



スポンサーサイト



テーマ:男性アーティスト - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック