fc2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



男女の社会進出の格差の原因は女の敵は女?だけど邪魔しちゃいけない!
twitterで流れてきたのは日本が政治家の男女の格差が
世界でも先進国ではありえない114位という残念な結果に。これに関しては社会進出や管理職の話も付け加えたい。
僕はジェンダーの話は難しいからあまりしたくないしいじめっこが女子だったから女性というものが苦手なんだけど
それでも思うことがある。
日本の女性の進出を阻んでいるのは男性ばかりだと限らない。
実は同じ女性だったりもする。
いわゆるメディアなどで流行っている女子力とか男性に対して常に一歩引いた気配りのできる女性
を推奨するスタイルが最近増えてきていると思う。
女性自らそういうふうに流れてしまうのは理由があるしハッキリ言わせていただくとそれは女性自身にも問題がある。
なぜならそういうふうに流れてしまった方が重い責任や重圧から逃れて楽ができるからである。
そう言ったことをすっぱ抜いた本(著者も女性だ)を僕は読んで僕は目からうろこが落ちた。
酒井順子さんの男尊女子という本だ。

だがその本を読んで僕があえて言ってやりたいのはそういう女子力や愛されだのモテだのほめられだの
というキーワードを重視する男尊女子がいるのはいいが
そうではない,性別にかかわりなく自分は責任のある人の上に立つ仕事をしたいと強くがんばる
女性の足を引っ張ってはいけない。邪魔をしてはいけない。
女子力などに興味のない女性にまで女子力うんぬんを押し付けるのは1番よくないことだ。
また逆もしかり。ゆるふわと男性任せに生きていたい女性のことを批判する必要はない。

僕はこの発言をリカちゃんの公式twitterの中の人に100万回聞かせてやりたい。
たっ君はバービーでも遊ぶけどリカちゃんも15体くらい持っている。
会社の集金バッグはリカちゃんのショルダーバッグだ。
そのリカちゃんの公式twitterの内容はほぼファッションと新しいカフェやスイーツや芸能ニュースへのコメント
しかなくて悲しくなるのを通り越して腹が立ってくる。いらっとしてくるのもしょっちゅうだ。
日本の女の子のファッションドールを代表するリカちゃんがこんな後ろ向きの女子力を
アピールすることによってエンドユーザーである子供にどんな影響があるかを考えてしまう。
アメリカのバービーのようにいろんな職業になってみよう!みたいなのがあるともっといいんだけどなぁ。
ちなみにアメリカのバービーはアメリカ軍の迷彩服を着ている物もかつては売られていたぞ。
それでも唯一の救いは今回リカちゃんの服に看護師さんのワンピースだけじゃなくてドクターの白衣も
発売されることかな。
61YOv.jpg
この白衣のデザインは最高にイカしてるのでたっ君は多分買うと思う。
看護師さん=女性
医者=男性
という先入観から少しずつ脱却しているのが救いだ。
やる気のある人能力のある人に性別の問題で押し付けるのはバカみたいだと思う。

あとは女性パイロットの制服のドールなんかあればいいと思う。
JALも全日空も客室乗務員のリカちゃんは出ているのに。

僕は女子力や気配り女子や愛されスタイルモテスタイルを決して不要としているのではない。
実際気配りのできて面倒見が良くて他のメンバーを立てる女子力MAXのKamiはとても魅力的だ。
でもだからといってそれを女性向けメディアが押さえつけてごり押ししたり
女性がそうでない女性に対して自分達と同じように相手を立てて自分は一歩引いて気配りをって
いうのを.無理に押し付けてはいけないと思うんだ。

これは逆のことも言える。
世の中には逆に別に天下を取りたいとか思わないし
一歩下がって
相手を立て,気配り上手であり,また自分自身そうでありたいと願う男性もいる。
実際Kamiはそうだったしね。ただKamiは強気で相手を尻に敷くところがあるけど。
うまく相手の尻を叩いて相手を成長させ,育てることにはたけていたな。

そういった男性も自由に自分の思うがままに男だからこうしろという押しつけを受けずに
生きる権利があるってこと。

お互いの権利の邪魔をしてはダメ。
性別に関係なくやる気と能力でみんなが自由に人生のやり方を決める権利があるし
その権利を邪魔するようなことがあっちゃいけないんだ。
スポンサーサイト




テーマ:ジェンダー - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック