FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



悪乗りが過ぎた映画…。
前々からちょっと気になっていた『ボラット栄光アルカザフスタンのためのアメリカ文化学習』を見た。

最初はヘラヘラ笑えたけど,だんだん悪乗りがひどくなって不愉快になってしまった。
親切なユダヤ人に毒殺されると勘違いするとか,便所の水で顔洗うとかペンテコステ派の教会の信者に巻き添えになったり,その辺りは笑えたけど,ホテルでケンカして裸でくんずほぐれつしていたのにはさすがにドン引きした。気持ち悪い。後,女性や障害者やユダヤ人に対する差別的無神経な発言もひどい。
もっと異文化に戸惑うおかしさを出して欲しかったのに。
これじゃ,悪乗りがひどすぎてどうしようもないし,不快になった。

僕はモンティパイソンが大好きだけども,人生狂騒曲だけはどうしても好きになれない。下品が悪化して悪乗りに歯止めが利かなくなっている,この映画と同じだ。

もともと僕はドリフ世代なのでウンコチンチンネタは大好きだ。だけど下品や低俗にしても適当な所で止めておかないと不快になる。ちょっとだけよ,も音楽とポーズだけなので面白いのだ。これが本当に裸の人が出てきたら大変だ。だけどそれをやらないのが職人だな。だからドリフのちょっとだけよは笑える。

それとこの映画,カザフスタンの人はどう思っているのかな。ヨーロッパやオーストラリアの人って自虐ネタとかよその国の文化を馬鹿にするジョークが好きだけど,まさにヨーロッパとアジアの中間のカザフスタンの人はどうなの?
僕だったら日本の事がカッコ悪い形で誤解されていたらものすごく怒るだろうなぁ。そうでなくたってオペラとかに出て来る勘違いのアジア人みただけでイラっとするもん。

僕はこの映画を素直には大爆笑できなかった。
スポンサーサイト




テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック