FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



もう,10年待っている。
僕が10年近く続編を待っているゲームがある。
涼崎探偵事務所シリーズというものだ。

もともとこのシリーズの第一作『黒の断章』はPCゲームだったが,僕が知ったのはサターン版だ。発売日に買いに行って,近所の店頭になくてわざわざバスに乗ってよその大きい店まで行ったのを覚えている。
当時読んでいた雑誌,確か電撃セガサターンだったと思う,予告編でものすごく綺麗なイラストに興味を持って欲しくなったのだ。
内容もオカルトのADVで,僕好みだったし,ストーリーも凝っていた。

入居者の少ない真新しいマンションで起こる連続殺人事件とか,聞いたこともない魔術書や魔法。
それに絵がとっても綺麗。
いつか僕もこんな綺麗なシナリオや絵ができたらなぁと子供ながらに思ってた。

その後,Esの方程式という続編が出ていることを知ったけど,僕はPCを持っていなかったので,本で読んだ。そのときこれが元々エロゲーのシリーズだと知った。
僕がプレイしたサターン版はお子様用にそういうシーンを全てカットしていたのだ。
本来エロゲーというものはエロいシーンを消すとつまらなくなるが,この黒の断章はむしろエロいシーンをカットした方がじっくり楽しめた。

黒の断章がオシャレでグロ綺麗だったのに対してEsの方程式は内面的恐怖っぽい話で田舎臭い泥臭い雰囲気だったけど,相変わらずストーリーはすごかった。
そしてゲーム会社が第3弾として人工失楽園というストーリーを構想中という事も知った。

その後会社であるアボガドパワーズが貧乏になったり社長さんが亡くなって会社は自然消滅してしまった。

ゲームがリリースされたときは冬川希くらいの年齢だった僕もオッサンになってしまった。あの頃は柏木明日香がものすごくお姉さんに見えた。時は流れたのだ。

しかし,先日再びアボガドパワーズのHPが復活していた。とりあえずしょぼいながらもHPが出来ていたし,さっそく新しいソフトも発売する気らしい。まずは一安心。
でもアボガドパワーズにはいつまでも普通のエロゲーばかり作って欲しくない。
やはり愛すべき涼崎探偵事務所をずっと続けて欲しい。
とにかくやりかけの人工失楽園を早く何とかしろ。
待てっていうんならもう10年待ってやるからさ。
スポンサーサイト




テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック