ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています。サイトの方にも遊びに来て下さい。僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



虎の尾を踏んではいけない
質問です。
たっ君の怒りっぽい性格は直した方がいいのでしょうか?


さすがに『このハゲーッ』とは言わないけど仕事でとある会社の社員が
とんでもないミスをしてくれたのでたっ君ブチキレましたよ。
まだ相手にはなんも言ってないです。発覚したのが土曜日の7時だから。
もう頭に来て頭に来て絶対こいつタダじゃおかねぇおいつめたる!とたっ君爆発。
月曜日に相手会社に徹底的に抗議をしようと。
そのまま車に乗っていて商業施設の駐車場でたっ君がバックで入れようとすると
だだっぴらきのたっ君の車しかない駐車場でしかもたっ君が
バックで車を入れようとしている後ろをなんで動き回る初老の夫婦と犬がいて
あやうく窓開けて怒るところだった。(全く何考えてるんだろう嫌がらせか?なぜ今この瞬間
そこを通る必要があるんだ?)
しばらく車の中でじっとしてとりあえずは抗議をしたり怒鳴ったりはやめようと思って
あくまで報告という形で月曜日に相手会社と話をすればいいと思った。まぁいくぶんか考えはまとめられたものの
結局たっ君が落ち着いて大人しくなるまで3時間以上かかってしまった。

たっ君は確かに闘争本能のかたまりと言うか攻撃的な性格だ。
これはたっ君という男を自分で分析して本当にそう思う。
ただこれだけは自己弁護するがそれほど短気ではないし決して意地悪な男ではない。
なんでかというと自分の利益にかかわればとことん粘り強く気長に我慢できるし
舌も出さないどケチなので自分の利益に1mmにもならないいじめや嫌がらせは決してしない。
たっ君が牙をむくのは無理矢理金をむしり取られそうな時と
仕事や遊びの邪魔をされたときとまーたんが絡んだ時だけだ。
以上がたっ君の地雷,逆鱗とも言える。
つまり邪魔さえしなければたっ君は穏やかでいられる。ホスピタリティにあふれいつもニコニコしている。
少々のお客さんや取引先のわがままや小さなミスも大丈夫気にしてないというし
実際上記の地雷以外は何ということはない。
だがひとたび地雷を踏めばとんでもないことになる。
しかし逆にこの怒りっぽい闘争本能のカタマリみたいな性格だから勢いと怒りのエネルギーだけで
今まで働いてきたようなものなのでこれがなくなるとたっ君はふぬけに
なってしまうから直さない方がいいと自分では思っているんだけどね。
どけ,俺がやる!考えてないで行動だ!というエネルギーが僕を動かす。


今回たっ君のお怒りは営業を妨害をある会社の担当者に無意識で邪魔されたこと。
昨日1日分の労働を吹っ飛ばされたような大ミスだった。
そりゃ怒鳴りたくもなる。
相手は軽い気持ちでミスしたかもしれないがこっちは貧乏会社で必死にやってるのに
こんなところでミスされてまだそれに気づいてないとか腹が立って仕方がない。
ぶったるんどる。


たっ君に課せられた課題はまず怒りをいかにして抑えるか怒鳴るのを我慢するかというのと
月曜日の朝までにいかに冷静に相手会社に報告できるかなんだ。
幸い今回の件でたっ君は1人のときにイライラ歯ぎしりしていたが人前では怒鳴ったり暴れてないし
どうにか抑え込めたのでなんとかがんばれると思う。
081117.gif



>>みみさん
ローブアラングレーズはご承知の通りイギリス式という意味ですが
フランスでイギリス式の~ってデザインされたドレスなのでイギリス要素は全くないです。
フランス人がテキトウに考えたイギリスみたいな。
ダンサー俊彦ちゃんはまた描きますよ。
風邪ですか?お大事にしてよ。
スポンサーサイト

テーマ:FC2トラックバックテーマ - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック