FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たっ君文字通り床にへたり込む
たっ君は税務署よりも市役所よりも年金事務所こと社会保険事務所が大嫌いです。
税務署の人はたっ君が納税で苦労しているのを知っているし納税の相談に
しょっちゅう顔を出しているし
市役所との関係も今のところ悪くありません。
ところが社会保険事務所は毎回えげつなく毎回たっ君の会社を苦しめます。
なぜかというと本来消費税や所得税と言うのはたっ君の会社の売り上げに応じて変動しますが
社会保険料は一定で,これ以上下げようもなく,毎月たっ君の会社を困らせているのは
どんな税金よりも社会保険料です。
毎月つつがなく支払うだけで手いっぱいです。
株式会社と言う物を作る以上社会保険料は義務で,加入しないと言う選択肢はないのです。
それもありますけど1番むかつくのは法律がどうじゃなくて毎回職員の態度が
えげつないしむかつくからです。
つまりたっ君の仕事の1番の敵は年金事務所なんです。

その年金事務所から謎の手紙が今日の朝会社のポストに入っていました。
また不備が何かあってたっ君呼び出しをくらって怒られるのでしょうか。それとももっと支払え値上げしてやる
さもなくば差し押さえしてやるという恐怖の手紙でしょうか。

そのせいでたっ君は朝からこの封筒を開ける勇気がなくてずっと悩んでいました。
放置していました。
もし呼び出しや値上げの手紙だったらどうしよう。
いいえ,きっとそうにちがいありません。
仕事中もずっとその手紙のことが頭にこびりついて離れません。
とうとう閉店時間になりました。
でもたっ君帰ることができずに会社の机に座ったまま1人恐怖と闘っていました。
もし呼び出しを受けて恐ろしいことを言われたら…その時の反撃方法をいくつかシミュレーション
して脳内練習してそれでも怖くて…でもさすがにいつまでもこうしているわけには
いかなかったのでF22の動画をいろいろ見て自分を奮い立たせて
f22takeo.jpg

俺はF22なんだ,第5世代最強なんだ,ロッキードマーティンの職人さん達が心をこめて
僕の体を作ってくれて(僕にとってはロッキードマーティンの職人さん達は
ジャムおじさんのようなものですね)その希望を背負って立ってるんだ!と
いいきかせて

やっと封筒を開けました。
…中は算定基礎届の調査報告書でした。これ1枚。
余剰金は来月の社会保険料に回すと言うたったそれだけ。

……たっ君ぐったりとその場に文字通りぺたんとへたり込みました。
なぁんだ。なぁんだ。なぁんだ。
僕が朝からずっと苦しんでいたのはなんだったんでしょう。

ばっかみたい…。

ばっかみたい…。

不安が強くなって動けなくなるのはたっ君の悪い癖です。
当然不安になるとぜんそくも出やすくなりますし熱も出やすくなります。
こういうのが1番よくない。
というかこの程度の報告だったら電話で十分なのに…。

それから腹が減ったのでまた昨日と同じ店にからあげを買いに行きました。3箱。
そしたら今日の電話を取った人はいつもお店にいる人だったので
昨日のようなことにならず,
たっ君が何も言わずともからあげの入った袋を差し出してくれました。

やれやれ。
鬼太郎見てからあげたべてコーラのんで一息です。
明日も頑張るぞ。

まぁそんなわけで世の中の会社経営者をみんな鬼だのブラックだの
言わないで下さい。なかには死にそうな顔して
弱い心のままでもなんとか必死に戦っている奴もいるのです。
何の説得力もなってないけど。
スポンサーサイト




テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック