FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



元気がない話
今日は朝からデロリン蛆状態(たっ君語で低血圧と重度の貧血のため朝からテンションが低く体が動かない
デロリン状態のこと)
だったけどやっと朝のお薬が今頃きいてきた!


昨日は以前から近所にあった大型業務用リサイクルショップがいつのまにか売り物件になってて
びっくりした。
俺の会社は大丈夫だろうかってね。
だってこのリサイクルショップは俺の会社の何十倍も大きかったんだ。すごい立派な建物でさ。
駐車場もすんごく広くて。なんでそこのことを知ってるかと言うといつもたっ君がおやつのからあげを
弁当屋の近所だったからいつも車で前通ってたの。結構お客さんも入ってた。
怖くなるよ。
どうしよう。どうしよう。
俺みたいな1人でなにもできないいつも不安やパニックを起こして泣いてばかりいるコドモ型大人の
たっ君の経営する会社が何年も続いていることの方が奇跡じゃないかって。
いつも年金事務所の職員と口論ばかりしてるし夏は仕事の注文が死ぬほど少なくなる。
やっぱり俺ってダメ人間でダメ会社なのかなぁって…。
そうなるとたっ君のテンションはダダ下がり。
(あ,ダダっていっても奥多摩の研究所で人質取ってたやつのことじゃないよ。)



普段はレギュラーバイトの人ばかりなので電話予約していれば
たっ君がなにもしゃべらなくてもチキンバスケットが2箱入った袋を渡してくれる。
けど昨日は連休中で新入りの人ばかりでたっ君のことを誰も知らない。
ご存じのとおり,たっ君はパニックだけでなく叱られたりテンションが下がっても緘黙になる。
当然さっきの不安でカウンターでちょっと緘黙状態。
そしたらお店の人がご注文はなんですか?とたっ君にきくんだけど上手く口が開かない。
これ,なまけてるんじゃなくて本当に言葉が出てこなくなるんだよ。

ようやくたっ君は
「からあげ…俺の…からあげ…からあげ…」
と弱弱しく単語をしゃべった。どうがんばっても『からあげ』と『俺の』という単語しか出てこない。
そしたらもう1人のスタッフが繰り返すからあげというキーワードに気が付いたらしく
『お電話予約の杉浦様ですか?』
と言ってチキンバスケットの入った袋を出してくれた。
『それ!俺の!』
と返事をしてやっとお会計ができた。
しんどかった。

たっ君の場合音声会話が下手なタイプの発達障害児だから緘黙になると本当に大変で
発声に問題があるわけではなく文字通り脳に言葉が浮かんでこない。
脳みそにあるのはあげたてのジュワジュワからあげの映像だけ。
だから『からあげ』と言う単語しかしゃべれなくなる。

よくお店の人に名前や顔を覚えられて恥ずかしいと言うけど
たっ君の場合は覚えてもらった方がしゃべらなくて済むからいいなぁと思う。
別にたっ君のことからあげクンとかあだなついててもいいよ。
どうせからあげとステーキと親子丼しか食べないから本当のことだし。

家に帰ってからあげを食べながらウルトラマンの映画で1番好きなの(大怪獣バトルウルトラ銀河伝説)
を見てすぐ寝た。
dkjb.jpg

で,今日。

仕事の不安や体調が悪いのはどうしようもないし,夏に仕事の注文が少ないのは
しょうがないことだからってなんとか自分を説得しながらがんばってる。
そもそもたっ君はこの仕事何年やってるんだ。
大丈夫,何年もやってきたけど毎回死にかけてる割には倒産してないし
たっ君のお店に来るのが楽しいと言ってくれるお客さんもいる。
だからやっぱりがんばろうと思う。
スポンサーサイト




テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック