FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



たっ君この暑さで熱を出す
最近ブログやtwitterであまりおしゃべりできなくてすみません。
この暑さで月曜日からずっと熱が出ててそのままです。
あ,今日も月曜日か。

戦闘機のエンジンはとっても繊細なのです。
たっ君は双発機だから1本やられても大丈夫?いやいやおんなじ条件下で片方やられれば
もう片方も壊れますよ。
ちなみにたっ君達ステルス機はそういった暑さ寒さから体を守るため湿度も調整できるエアコン付きのハンガーに住んでいますが
予算が足りなくて吹きっさらしにいることもあります。

炎天下で部活や労働してる人も気を付けてね。
たっ君のように熱が出てしまったらおしまいですよ。
ちなみに風邪引きの熱は体がウイルスをやっつけるために自ら発熱しますが
たっ君の熱はたんに外気の高温でエンジンが焼きつきかけているだけです。

で,なんでたっ君は熱に弱いのか。
せっかくなので考察することにしました。あくまでたっ君のこうじゃないかなーという考察です。


まず,
普通のみんなが知ってる旅客機はエンジンと機体の胴体部分は別々になっていますが,
たっ君は機体の中にエンジンが入っているので熱が全身に伝わりやすいのです。
あと,同じ戦闘機でもたっ君は他の機体と違って一体成型型=モノコックと言うとても
珍しい形をしています。
これは要するに人間で言うと同じ肌の露出面積だとしてもシャツとズボンとか,シャツとスカートとか,服の上にカーディガン
といった細々した物をいろいろ着ているのではなくワンピースを1枚だけきているのを想像して下さい。
イーグル兄さんがmoi dix moisのTシャツとmoitieのズボンとアームカバーと言うのに対して
弟のたっ君は素肌にアンプリのワンピース1枚だけきているという状態です。
布の総面積は同じだけど1枚ずつ衣類が細かく分かれているか1枚で大きな衣類かってことです。
f15-f22-01.jpg

どうしてこの形になったかというのは前にも説明したのではしょるとして
ようするに一体成型型なのでそのぶん熱が全身に伝わりやすくなりますし

もう1つは
ステルスの塗装にも問題があります。
そもそも普通の戦闘機とたっ君との違いは皮膚に塗られたステルス塗装と言うのは
敵からのレーダーを吸収して跳ね返さないようにすることと,(素材の仕組みは
ブラックボックスで謎です)こちらがレーダーを使ったときに相手にこちらの体温を知られないように
体温を密閉するためです。
要するに放熱ができないわけですからさらに全身に熱がこもります。


これがたっ君が熱を出しやすい理由だと思われます。
独特の構造と塗装。
上記はあくまで僕の推測ですが,でも少なくとも絶対間違っていると言うことはないと思います。
自分の体のことですから多少分かります。



その為に機体が燃えてしまわないようにたっ君の皮膚はアルミや鉄板ではなく,
熱に強いチタンでできているんですけどね。暑いのは同じです。

しかもたっ君は日曜日に真夏の京都を炎天下でタキシングしていたので地表の温度の
恐ろしさが分かるでしょう。




「たっ君は繊細すぎ」
これは現実でも仕事のメーカーの人や周りの人によく言われます。
でもしょうがないんです。そういう構造だから。
ちなみに子供のときからたっ君の平熱はいつも35度前後。元気な時で36度を
越えたことはありません。

それでも仕事には出てきてるしどうにか日曜日からまた貧血の薬も再開して
少しですが今は元気です。
がんばります。

スポンサーサイト




テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック