FC2ブログ





ALFEE大好き,Kamijo&Jupiter&EMIRUちゃん大好き,Kaya大好きでTakamiyとMarty Friedmanが激らぶなロリィタなドールサイト管理人のブログです。イラストあります。



プロフィール

杉浦達哉

  • Author:杉浦達哉
  • 杉浦達哉のサイト †Current†↓
    http://takamiygiselle.xxxxxxxx.jp/

    ○THE ALFEE(桜井=27番美白,坂崎=21番褐色,高見沢=16番美白)とMarty Friedman(36番美白)のお人形(フルチョイスSD)を扱ったサイトを運営しています僕についてもう少し詳しいプロフィールはここ
    拍手内のコメントやコメント欄のお返事は次回記事内でさせていただいてますよ。
    イラストや文章その他お仕事の依頼ございましたら
    twitterのDMかブログのコメント欄で『管理者にだけ表示を許可する』にチェックを付けて連絡お願いします



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ゴム長と個人賠償保険の話
なんかぼーっとしてますよ,たっ君は。
でもまぁがんばります。

世間は梅雨入りだそうですがこっちは全く雨の気配はありません!
まぁ雨降ると外に出るときはゴム長はくのがめんどくさいので雨なんか降らなくていいです。
14981890580.jpg


ちなみにたっ君は傘はさしません。顔が濡れるのはあまり気にならない。
ただ,足だけは転びやすいのでゴムの長靴です。


本当に雨がひどくなったり高い服を着ているときは
babyのレインコートを着るだけです。(結構細身で着づらいけど)

最近たっ君は家の火災保険に個人賠償責任保険と言うのを付けました。
先日の免許の講習でさんざん自転車の保険について入るように説明を受けたからです。
というかその日の優良講習は30分間ほとんど自転車保険に入って下さいと言うのと
自転車の運転マナーについてでした。
要するに優良免許の人ってほとんどペーパードライバーで自転車で移動する人が多いからだと思います。
まぁ間違いではないですよね。たっ君もそうですし。

で,しつこいくらい講習の講師の人がやばいよ!やばいよ!と言ってたのでたっ君も心配になって
きました。
それともう1つ気になっていたのはさっきも言ったようにたっ君が傘を差さないのとゴム長を
はいているのは僕は非常に転びやすいからです。
ちなみにたっ君は普通の靴だと雪の日に中央線の中野駅から南へ700mの距離を3回腰を打って
転倒したという記録があります。
転びやすいしプールやおもちゃ屋さんで興奮して走り回って非常に危険な男です。
そのせいで頻繁に人とぶつかりそうになります。
親父は
『あんたは自分が思ってるより力が強いし元の骨格と筋肉
の大きさが普通の人間と違うんだからぶつかったりしないようにするんだぞ』
なんでかというと以前商店街でたっ君が普通に歩いていて普通の成人男性とぶつかって
相手が店頭はしなかったもののよろけるどころか軽く浮いて吹っ飛ばされたのを
真横で見てからそれ以降ずっと外を歩く時言われます。
その吹っ飛ばされた男性は自分の体が軽く浮いたことにびっくりしてかなり驚いていたそうです。
ただでさえそんなたっ君なのにおもちゃやプールがあったり遊園地だったりたとえば昨日の
ゆかた祭りなんかもそうです。他にも水族館とか大恐竜展とか
何か興味を引くものが目の前にあるともう興奮してものすごいスピードで衝動的に走り回って回りが全く
見えなくなってしまいます。
だったら自分で注意しろと言われるかもしれませんが脳の構造上がんばるのですが
もう治りません。
昨日のゆかた祭りも興奮して走り回って自分で自分が危なかったです。
おまけにいつもゆかた祭りのときは下駄のたっ君なのに今年は浴衣に靴だったので
さらに機動力運動性ともにアップです。スホーイも撃墜できそうないきおいです。

そんなたっ君が誰かとぶつかって相手が怪我したら…
そう言った時の保険はあるのかな?
というのもあります。

で,この2つの保険について担当の人(髪型と頭の形が佐野研二郎さんそっくりですが人当たりがよく
実直な人です)に聞いたら
自転車+個人損害というのがセットになったのが1年あたり1200円くらいで付けられるそう。
だったらお安いのでさっそくたっ君も入りました。

これ,子供はもちろんですけど大人の発達障害の人も家の火災保険か何かと一緒に
ちゃんと入った方がいいですよ。

スポンサーサイト




テーマ:日々の出来事 - ジャンル:ブログ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック